【サッカー人気3位】J2第13節栃木SC戦「ハイプレスを攻…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

14試合ぶりの勝利を呼んだ〝1〟の男たち~石川大地<2>「フィジカル差を乗り越えた大学時代」【3回分載/Pick Up Interview】

 

 
 デル・ピエロさんの御前試合となったJ2第34節で引き分け、連敗を10で止めたものの、なお未勝利がつづく状態で迎えた第37節。ファジアーノ岡山を下し、チームをトンネルから脱出させたのは、ふたりのルーキーがもたらしたゴールだった。
 後半33分、三島頌平のJ初アシストとなるクロスを田中パウロ淳一が決めて同点。そして後半42分、執念の波状攻撃から石川大地のJ初ゴールで逆転──。
 
 くしくも、この試合で残したアシストとゴールが、それぞれ2018シーズン唯一のものとなった。
 2019シーズンへの期待を込め、岡山戦で貴重な〝1〟を刻んだ男たちに迫る。
 

**********

 
 今回は石川大地の第2回。水戸啓明高校と桐蔭横浜大学でプレーヤーとしての自信を深めてきた過程を振り返る。
 
◆予想外だった高校選抜入り
 

注目度の低い状態からの高校選抜入り。そのギャップは大きかった。


――高校選手権に出場したことによって注目度が高まりましたね。
石川大地 それは自分の口からは言いにくいですけど、そういう面がまったくなかった、とは言えないですね。戦前には有力視されていなかった水戸啓明高校で出場して高校選抜に入ったという経緯だったので。
――大会優秀選手に選ばれたあとでも「自分でいいのだろうか」と思ったりしていたのでしょうか?
石川大地 それは常にありましたね。優秀選手に選ばれて高校選抜に入るだろうなんて気持ちは微塵もなかったんです。選手権に出られればいい、というくらいに思っていました。高校選抜チームの試験のようなものがあったんですが、

(残り 1721文字/全文: 2477文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ