【サッカー人気2位】【山雅探報】岡山に惨敗の復帰戦で存在感…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

宮田博之社長が描く強化戦略「選手とチームがともに上昇していく状態がベスト」【新春Special Interview 第1回】

 

 
 厳しい戦いの末、20位でJ2残留を果たした2018シーズンを経て、FC岐阜はどのように変わっていくのか。下地を整え、飛躍を志す2019年、そして近い未来に向けた宮田博之社長のビジョンを3回にわたり掲載していく。第1回は戦力の強化について。
 
◆若い選手を育てながらのチームづくり
 
――何度も言われたと思うのですが、庄司悦大、シシーニョ、大本祐槻と、3人の主力選手を欠いて臨んだ2018シーズンでした。補強をしたとはいえ、不安な気持ちもあったのでは?
宮田博之社長 2017年の年末から18年にかけて仰ったように3名の選手が抜け、少々不安に思ったところはありました。ただ、私が大木武監督の採用を決めたときから、監督が自分のサッカーを進めていくには、若い選手を育てながらのチームづくりになるということを確認していましたし、コスト=成果とはかぎらない。同じ選手でも、

(残り 1903文字/全文: 2302文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ