Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

炭鉱のカナリアとして警鐘を鳴らす仕事、12番目の戦士として戦う仕事【無料公開/後藤勝コラム】

 

「『みんな』でやりたい」と北野誠監督。一体感を増し、選手を鼓舞するために心を砕く。

 ボランティアで働く、チケットやグッズを買う、知名度を高めるべく“布教”する、地域の経済を活性化させる──サポーターのミッションは多岐に渡るが、試合中に関してはタイトルに掲げたふたつが主な仕事になるだろう。ひとつは、選手やスタッフの気持ちを高めて勝つ確率を上げること。もうひとつは、チームの成績や試合の内容がよくないとき、このままでは危ないぞと警鐘を鳴らすこと。

 選手も人間なので、罵詈雑言を浴びせられていい気持ちはしない。『叱咤激励』と書くように、叱ったり励ましたり、そのバランスが重要になってくる。ましていまどきの若者ともなれば、言い過ぎると逆効果にもなりかねない。
 その点、栃木SC戦でのビッグフラッグ掲揚はすばらしいアイデア、行動だった。だが残りの試合数が少なくなってきて、辛口のメッセージが必要なのではないかとも感じる。

 チーム内には危機感がある。
 大木武前監督から北野誠監督に指揮官が交替し、戦い方も変われば、評価基準も変わる。当然、試合に出られなくなった若い選手には悩みが多くなる。
 北野監督はここを整理させた。全員に向けて「守備ができない選手は使わない」という明確な基準をあらためて示し、試合直前の戦術練習では、シミュレーションで対戦相手役を務めるサブメンバーに、その仕事をチームのために遂行するよう求めた。
 結果として若い選手たちは「いまの自分に足りないのは守備」と認めるようになり、戦術練習の強度を保つようになった。

 人間、感情的に悪口を言われれば気が滅入る。しかし特定の問題やプレー内容に限定して不足を指摘されたなら、聞く耳を持つ。真摯な辛口であれば理解されるはずだ。

 試合中の選手たちが緩みかける、あるいは集中を切らしそうなのであれば、注意を促す声がどれだけ飛んでもいいだろう。最低でも勝点1が必要な試合、絶対に勝点3を獲らなければいけない試合に、それぞれ横断幕やゲートフラッグで気づきを促すのもいい。そしてあの『密集肩組み』をすれば、後押しの気持ちはきっと伝わる。
 残留か、降格か。感覚が鋭敏になるこの時期だからこそ、送り手次第で受け手もメッセージを受け止めやすくなる。

 残り試合数がイコール縮められる勝点差という通説を信じるなら、勝点8差のFC町田ゼルビアまでは射程圏内。そしてFC岐阜は町田、鹿児島ユナイテッドFCとの試合を残している。まだ諦めるには早い。精一杯、できることをやってみよう。

*********************************************
[FC GIFU INFORMATION]
▼公式twitter  https://twitter.com/fcgifuDREAM
▼公式facebook https://www.facebook.com/FCGIFUPR/
▼公式Instagram https://instagram.com/fcgifu
▼公式サイト   http://www.fc-gifu.com
*********************************************

はじめまして! ぎふマガ!です

FC岐阜を愛する皆様、はじめまして。
『FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン ぎふマガ!』です。
これからよろしくお願いいたします!

申し遅れましたが私、弊サイトの監修と編集サポートを務めます、フリーライターの後藤勝と申します。
クラブスタッフに代わり、『ぎふマガ!』の紹介をさせていただきます。

外から見たFC岐阜は、Jリーグ界随一と言っても過言ではないスタグルを誇るなど、ピッチ外のイベント企画力がすごい。
ピッチ内では大木武監督の招聘によって基礎を築き、気風をつくろうとしていて、これからが期待されるクラブに映ります。
しかし唯一、足りないものがあるように感じられました。
サッカー専門メディアでの扱いです。

長良川競技場に足を運ぶ度に、もっと記事を読みたい、情報を知りたいという切実な声をファン、サポーターの方々から頂戴します。
もちろん地元メディアの方々の奮闘はありますが、他クラブのファン、サポーターなら享受しているはずの、プラスアルファの拡がりが少ない。
そこを補えないだろうかという議論から、弊サイトを開設する結論に達しました。
今後はFC岐阜ならではの、独創性ある情報発信を心がけていこうと思います。
日々の楽しみとして、ぜひ『ぎふマガ!』を味わっていただければさいわいです。
クラブ公式となると、掲載できる内容がかなり限定されてくるのではないか? という懸念もおありかとは思いますが、私を含む外部記者の署名記事により、風通しをよくしていければと考えております。ぜひご期待ください。

開設準備中、こんな話がありました。
「漢字で『岐阜』と書くと県内の岐阜市以外の地域の人は『岐阜市』を連想しがちである」
思わずうなりました。
FC岐阜は岐阜県全域をホームタウンとするクラブで、トップチームは全市町村を代表する存在です。飛騨国と美濃国でファン、サポーターが分かれてしまっていいはずがありません。
FC岐阜と言わずに、県民にとっての岐阜をどう表現すればいいか。
そうだ、平仮名で書こう。
そのようにして略称『ぎふマガ!』が決まりました。
思えば、ぎふ清流国体も平仮名表記でした。FC岐阜を愛するすべての方が話題にできる共通のメディアとして歩んでいければと思います。

『ぎふマガ!』は月額540円(税込)の有料ウェブマガジンです。
運営、維持費捻出のためでもありますが、会員になっていただくことで、クラブへの支援ともなります。
どうかご理解いただきたく、よろしくお願いいたします。

シーズン中は週3本の有料記事+αの公開を見込んでいます。
本日12月1日のサイトオープンから2月の途中まではインタビューを中心に不定期にオフシーズン企画を多数掲載の予定です。

・宮田博之社長インタビュー(1月予定)
・大木武監督インタビュー
・ピックアップインタビュー 石川大地選手
・ピックアップインタビュー 三島頌平選手
・FM岐阜パーソナリティ西村知穂さん&スタジアムDJ久世良輔さんインタビュー
・後藤勝シーズンレビュー
・後藤勝コラボ作品レビュー
・2月以降、あの白鳥士郎先生の参加も!?

 

まだよちよち歩きの身で恐縮です。
大きくなるまで見守っていただけますと助かります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック