『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

殊勲のPKストッパー ヤン オレ ジーバース、愛媛FC戦に始まる3連続3ポイントゲームへの決意【コラム】

 

モンテディオ山形との試合では得意のキックはもちろん、PK阻止をはじめとするシュートストップでも活躍したヤン オレ ジーバース。

 シュート0本でいいところなくモンテディオ山形に敗れたFC岐阜。しかしそのようなチーム状態にあっても、周囲への指示とダイナミックな中長距離のパスで司令塔の役割を果たした川西翔太、そしてPKを止めゴールを守ったヤン オレ ジーバースは、個の力を示すことができた。
 川西は途中出場というシチュエーションによって、ヤン オレ ジーバースはフィールドプレーヤーとは異なるゴールキーパーという役職によって、北野監督が言う傍観者効果(愛媛戦のプレビュー参照)の影響を受けにくかったのかもしれない。一方で、個の力が突出しているからこそ、いいプレーができたという面もあるだろう。

◆チームの助けになれた

 敗戦にも下を向かなかったヤン オレ ジーバースは、PK阻止をこう振り返った。

(残り 1540文字/全文: 1998文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック