【サッカーパック人気5位】 【J1第31節分析レポート① 鹿島0-2川崎】鹿島のお株を奪う勝ち方。…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

戦いはあと3試合つづく【コラム】

 

今シーズン5ゴールの前田遼一。7勝のうち、3つの試合で計3ゴール。引き分けの試合でも1点を決めている。写真は前節の徳島ヴォルティス戦から。 ©Kaz Photography/FC GIFU


「彼を知り己を知れば百戦殆(あや)うからず」と言う。
 今シーズンの勝利と引き分け、その内訳を振り返ってみよう。
 

2019シーズンの勝利
開催節 相手 相手順位 岐阜の得点者
第1節 山形 4位 風間×2
第3節 岡山 7位 ライアン、OG
第12節 琉球 15位 前田、永島
第21節 福岡 18位 川西×2、前田
第26節 長崎 12位 川西×2、前田、ライアン
第30節 琉球 15位 川西×2
第37節 愛媛 16位 當間、川西

 
 大木武前監督時代の第18節までに勝った試合は3回。序盤のホームゲームで上位のモンテディオ山形とファジアーノ岡山を下している点が眼を惹く。しかしその後は相手の対策が進んだこともあり、FC琉球からひとつの白星を得るにとどまった。琉球は開幕当初、首位に立つなど好調だったが、主力選手が流出してからは下降の一途を辿っていた。
 一方、

(残り 2044文字/全文: 2566文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック