【サッカー人気4位】沖縄合宿の蔵出し写真集1:李忠成と矢島…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

新監督決定! ゼムノビッチ ズドラブコ氏の就任で2020シーズンへの航海が始まる。「全体で同じ方向を向いて、一年でJ2に戻れるように頑張っていきましょう」【ニュース/無料公開】

 

新監督に就任したゼムノビッチ ズドラブコ氏。 ©FC GIFU


 
 電撃的に新たな指揮官が決定――。
 
 本日12月11日、FC岐阜はゼムノビッチ ズドラブコ新監督の就任を発表した。FC岐阜史上初の外国籍監督となる。
 2016シーズンから務めていたVONDS市原FCの監督職を2018シーズンかぎりで辞していたゼムノビッチ氏が、一年ぶりにクラブの監督として指揮を執ることになった。この一年であらためてJ1水準の知見も得てパワーアップした暖かい指揮官が、再出発を図るFC岐阜を牽引し、2020シーズンの激化するJ3という大海原への航海を始める。
 
◆日本語が堪能な欧州フットボールの伝道師
 
 既に日本の永住権を取り、日本語は堪能。通訳いらずでヨーロピアンフットボールの基本を伝える貴重な人材が岐阜の地に降り立つことになる。
 旧ユーゴスラビア出身でセルビア国籍のゼムノビッチ氏は1990年代前半、ベオグラードのクラブ・FKヴォジュドヴァッツなどで監督を務めていたが、時はおりしもユーゴスラビア紛争が起きていた頃。ゼムノビッチ氏はその戦火を逃れるように1995年から日本へと拠点を移した。
 
 1999年、清水エスパルスのアカデミー(ジュニアユース、ユース)総監督に就任するも、スティーブ ペリマン監督のあとを受け急遽2000年12月にトップチームの監督へとスライド就任。直後の天皇杯で準優勝に導くと、翌年は2シーズンつづけての決勝進出を果たし、ついに優勝を成し遂げた。
 バルカン半島の出身らしくパスワークをベースにするが清水では市川大祐や三都主アレサンドロといった強力な選手がワイドのポジションにいたこともあってサイド攻撃も目立った。
 温厚な性格で、日本国内で育成年代のチームからアマチュアチームまでの多くを率いてきた経験があり、J3という下のカテゴリーで若手の選手を育て、チームのスタイルを築きながら勝っていくという目標に合致している点が評価された。
 また、前述のとおり日本語が堪能であり、日本人監督並みにチームづくりがスムーズに進むこともプラス要因で、複数の監督候補者のなかから最終的に決定した。
 木村哲昌チーム統括本部長とはVONDS市原FCで3シーズン仕事をともにした間柄。2019シーズンは果たせなかった、一丸となって戦うチームづくりをめざし、新体制で未来を見据えた礎を築いていく。
 
 また本日、ゼムノビッチ ズドラブコ新監督が就任にあたってのコメントを寄せている。修正せず、全文を掲載する。
「FC岐阜の選手、スタッフ、フロント、ファン・サポーター、関係者、岐阜県全体で同じ方向を向いて、一年でJ2に戻れるように頑張っていきましょう」
 
*********************************************
[FC GIFU INFORMATION]
▼公式twitter  https://twitter.com/fcgifuDREAM
▼公式facebook https://www.facebook.com/FCGIFUPR/
▼公式Instagram https://instagram.com/fcgifu
▼公式サイト   http://www.fc-gifu.com
*********************************************

はじめまして! ぎふマガ!です

FC岐阜を愛する皆様、はじめまして。
『FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン ぎふマガ!』です。
これからよろしくお願いいたします!

申し遅れましたが私、弊サイトの監修と編集サポートを務めます、フリーライターの後藤勝と申します。
クラブスタッフに代わり、『ぎふマガ!』の紹介をさせていただきます。

外から見たFC岐阜は、Jリーグ界随一と言っても過言ではないスタグルを誇るなど、ピッチ外のイベント企画力がすごい。
ピッチ内では大木武監督の招聘によって基礎を築き、気風をつくろうとしていて、これからが期待されるクラブに映ります。
しかし唯一、足りないものがあるように感じられました。
サッカー専門メディアでの扱いです。

長良川競技場に足を運ぶ度に、もっと記事を読みたい、情報を知りたいという切実な声をファン、サポーターの方々から頂戴します。
もちろん地元メディアの方々の奮闘はありますが、他クラブのファン、サポーターなら享受しているはずの、プラスアルファの拡がりが少ない。
そこを補えないだろうかという議論から、弊サイトを開設する結論に達しました。
今後はFC岐阜ならではの、独創性ある情報発信を心がけていこうと思います。
日々の楽しみとして、ぜひ『ぎふマガ!』を味わっていただければさいわいです。
クラブ公式となると、掲載できる内容がかなり限定されてくるのではないか? という懸念もおありかとは思いますが、私を含む外部記者の署名記事により、風通しをよくしていければと考えております。ぜひご期待ください。

開設準備中、こんな話がありました。
「漢字で『岐阜』と書くと県内の岐阜市以外の地域の人は『岐阜市』を連想しがちである」
思わずうなりました。
FC岐阜は岐阜県全域をホームタウンとするクラブで、トップチームは全市町村を代表する存在です。飛騨国と美濃国でファン、サポーターが分かれてしまっていいはずがありません。
FC岐阜と言わずに、県民にとっての岐阜をどう表現すればいいか。
そうだ、平仮名で書こう。
そのようにして略称『ぎふマガ!』が決まりました。
思えば、ぎふ清流国体も平仮名表記でした。FC岐阜を愛するすべての方が話題にできる共通のメディアとして歩んでいければと思います。

『ぎふマガ!』は月額540円(税込)の有料ウェブマガジンです。
運営、維持費捻出のためでもありますが、会員になっていただくことで、クラブへの支援ともなります。
どうかご理解いただきたく、よろしくお願いいたします。

シーズン中は週3本の有料記事+αの公開を見込んでいます。
本日12月1日のサイトオープンから2月の途中まではインタビューを中心に不定期にオフシーズン企画を多数掲載の予定です。

・宮田博之社長インタビュー(1月予定)
・大木武監督インタビュー
・ピックアップインタビュー 石川大地選手
・ピックアップインタビュー 三島頌平選手
・FM岐阜パーソナリティ西村知穂さん&スタジアムDJ久世良輔さんインタビュー
・後藤勝シーズンレビュー
・後藤勝コラボ作品レビュー
・2月以降、あの白鳥士郎先生の参加も!?

 

まだよちよち歩きの身で恐縮です。
大きくなるまで見守っていただけますと助かります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック