【サッカー人気4位】【ガンバうぉっち】”ハマのGT-R”を…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

「基本的には4バック。ぼくに秘密はない」ゼムノビッチ ズドラブコ監督就任記念ロングインタビュー【サッカー観から戦い方まで】

 

インタビューに応じたゼムノビッチ ズドラブコ監督。カメラを向けると笑みを浮かべた。

 12月18日の監督就任記者会見に臨んだゼムノビッチ ズドラブコ監督が、その直後『ぎふマガ!』の単独取材に応じた。自身のサッカー観から、育成を始めとする日本のサッカー、そしてFC岐阜の戦い方に至るまで、指導の根本を語るロングインタビュー。

◆日本の育成「選手をつくるのはやはりプロセス」

――結果を出す、勝つことを求められると同時に、このクラブの将来へとつながっていくようにチームの基礎を整えてほしいというオーダーはあったのでしょうか?
ゼムノビッチ ズドラブコ監督 全体的に強くします。もちろんアカデミーにも顔を出しますから、アカデミーのコーチもサポートするし、サッカースクールも同様です。岐阜のなかでたくさん友達がいるし、講習会もやったりして、FC岐阜を含む岐阜県全体のサッカーを盛り上げたい。そのなかでFC岐阜がいちばんのポイントになると思いますよ。

――アカデミーダイレクターのような役職に就くわけではないけれども、トップチームの監督として岐阜県やFC岐阜の育成普及まで連携させる、と。
ゼムノビッチ ズドラブコ監督 トップが優先ですから時間があるときになりますけど、アカデミーのことも少しやります。さきほど(就任発表記者会見の前)アカデミーのコーチにも会いましたけれども、何が問題かとか、こういうことで悩んでいるとか、そういう相談はいつでもできる。時々、木村(哲昌チーム統括本部長)さんといっしょにアカデミーの試合を観に行くとかして、子どもたちにもっともっと勇気を与えるようにしたい。参加する人の数が増えればそのなかからいい選手が出てくるようにもなるし、もっともっと岐阜のアカデミーを強くしたいと思いますよ。

――それこそ、ゼムノビッチ監督が指揮を執っていた清水エスパルスもそうでしたが、Jクラブの多くは小学生の普及年代からジュニアユース、ユースを経てトップに昇格させると標榜していますね。
ゼムノビッチ ズドラブコ監督 みんな言うけれど、

(残り 7288文字/全文: 8213文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック