【サッカー人気4位】やはり強かった川崎フロンターレ。森重真…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

最後にやってきた韓国よりの使者キム ホ「チャンスをつくるプレーが自分にとってはいいプレー」【新加入選手インタビュー/無料公開】

 

本職は中盤ながら、練習試合ではウイングで起用されるケースが多かった。


 新体制発表が終わったあと、アンダー代表や大学選抜のキャリアを引っさげて韓国からやってきたミッドフィールダーがキム ホだった。
 詳細がよくわからないなか、宮崎キャンプのスタートで起用されたポジションはなんとウイング。いきなりコーナーキックのキッカーを任されていた。守備的な選手ではなく、攻撃のセンスを感じさせるタレントであるようだが、本来得意とするポジションはどこなのだろうか。
 プレーヤー像を明確にするべく、基礎的な質問を心がけたファーストインタビュー。通訳は、自身のインタビューを終えたばかりのパク ソンスにそのまま残ってもらい、お願いした。
 
◆日本のサッカーは攻守の切り換えが速い
 
――いちばん最後に加入したにもかかわらず、最初の練習試合から機能していましたね。新しい環境になじむのは早いほうなのですか?
キム ホ 外から見ての感想と自分自身が感じることとでは当然異なるところがあるとは思いますが、外でご覧になっている方からチームになじんでいるように映ったということは、うれしく思います。パク ソンス選手やハム ヨンジュン選手がサポートしてくれて、いろいろなことを教えてくれて、なじむことが早くなったとは言えると思います。でも、自分のなかではまだ慣れていないと思いますし、ぼくがやりたいサッカーを実践するというところまでは行っていないので、もっと早く慣れて監督が求めるプレーに合わせられるようになりたいです。
 
――年齢もポジションもちがいますけど、同じ国籍の仲間がいることは心強いですか?
キム ホ ハム選手とは小学校で一年くらいいっしょにプレーしたことがあります。パク選手とは今回初めて会ったんですけど、同じ言葉でコミュニケーションがとれますし……やはりコミュニケーションがいちばん重要なので、その点、心強いのは確かですね。
 
――大学までのキャリアで日本に来たことはありますか?
キム ホ 大学の試合で四回くらい日本に来たことがあります。去年の12月は早稲田大学と試合をしました。そのほかデンソーカップやユニバーシアード代表同士の試合などでしばしば来ていますね。
 
――そうするとFC岐阜に来る以前から、日本のサッカーはだいたいどういうものか、わかっていたのでしょうか。
キム ホ 韓国とはちがってパスワークやボールコントロールが細かいと感じていましたし、攻守の切り換えがすごく速いなという印象がありました。
 
――そういうスタイルの差は理解したうえで、ただFC岐阜はJ3に降格してきたチームですよね。レベルがわかりにくい状態で不安はなかったのでしょうか?
キム ホ レベルとか技術とかは関係なく、どこのチームでも学ぶことはありますし、カテゴリーがJ3であってもそういうことには関係なく自分を成長させるために学び、がんばっていきたいと思います。
 
――練習試合ではウイングと中盤のポジションでプレーしていますが、本来得意なポジションはどこですか?
キム ホ 得意なポジションはインサイドハーフです。二回目の練習試合で、交替で入ったところですね。攻撃的なミッドフィールダーが得意です。でも、監督がどこで使ってくれるにしても、試合に出られるのであればどのポジションでも自分の武器を見せられるようでなくてはいけないと思います。
 
――ウイングが本職なのかと思うくらいのプレーぶりでした。
キム ホ ウイングはそれほど経験はないんですけれども、何回かはやったことがあるので、どうすればいいかはある程度わかっているつもりです。様になっていたのはそのおかげかと思います。
 
――コーナーキックも蹴っているじゃないですか。やはりテクニックに自信があり、得点のチャンスをつくるのが好きなんですか?
キム ホ 点を獲ることもいいですけど、アシストのほうが好きですね。味方にチャンスをつくってあげるプレーが、自分にとってはいいプレーだと思っています。
 
――高崎寛之や川西翔太など前線のタレントからどんな刺激を受けていますか。
キム ホ そうですね、いっしょにやってみてすごく努力の形跡がうかがえる選手だと思いますし、みなさんのいいところを学んで早くいっしょにいいプレーをしたいという気持ちになりました。
 
――ところでコーナーキックのときに手で合図をしているようなのですが、あれは?
キム ホ 大学では――というか韓国では、手を下げる動作が「スタートしてください」というサインなんですね。それで手を下げていたんですけど、意図がうまく通じていなくて。まだ開幕まで時間がありますし、そういう細かいところを仲間と合わせていきたいと思います。
 

同じ日にインタビュー取材したパク ソンス、キム ホのふたりに並んでもらっての撮影。


*********************************************
[FC GIFU INFORMATION]
▼公式twitter  https://twitter.com/fcgifuDREAM
▼公式facebook https://www.facebook.com/FCGIFUPR/
▼公式Instagram https://instagram.com/fcgifu
▼公式サイト   http://www.fc-gifu.com
*********************************************
 

はじめまして! ぎふマガ!です

FC岐阜を愛する皆様、はじめまして。
『FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン ぎふマガ!』です。
これからよろしくお願いいたします!

申し遅れましたが私、弊サイトの監修と編集サポートを務めます、フリーライターの後藤勝と申します。
クラブスタッフに代わり、『ぎふマガ!』の紹介をさせていただきます。

外から見たFC岐阜は、Jリーグ界随一と言っても過言ではないスタグルを誇るなど、ピッチ外のイベント企画力がすごい。
ピッチ内では大木武監督の招聘によって基礎を築き、気風をつくろうとしていて、これからが期待されるクラブに映ります。
しかし唯一、足りないものがあるように感じられました。
サッカー専門メディアでの扱いです。

長良川競技場に足を運ぶ度に、もっと記事を読みたい、情報を知りたいという切実な声をファン、サポーターの方々から頂戴します。
もちろん地元メディアの方々の奮闘はありますが、他クラブのファン、サポーターなら享受しているはずの、プラスアルファの拡がりが少ない。
そこを補えないだろうかという議論から、弊サイトを開設する結論に達しました。
今後はFC岐阜ならではの、独創性ある情報発信を心がけていこうと思います。
日々の楽しみとして、ぜひ『ぎふマガ!』を味わっていただければさいわいです。
クラブ公式となると、掲載できる内容がかなり限定されてくるのではないか? という懸念もおありかとは思いますが、私を含む外部記者の署名記事により、風通しをよくしていければと考えております。ぜひご期待ください。

開設準備中、こんな話がありました。
「漢字で『岐阜』と書くと県内の岐阜市以外の地域の人は『岐阜市』を連想しがちである」
思わずうなりました。
FC岐阜は岐阜県全域をホームタウンとするクラブで、トップチームは全市町村を代表する存在です。飛騨国と美濃国でファン、サポーターが分かれてしまっていいはずがありません。
FC岐阜と言わずに、県民にとっての岐阜をどう表現すればいいか。
そうだ、平仮名で書こう。
そのようにして略称『ぎふマガ!』が決まりました。
思えば、ぎふ清流国体も平仮名表記でした。FC岐阜を愛するすべての方が話題にできる共通のメディアとして歩んでいければと思います。

『ぎふマガ!』は月額540円(税込)の有料ウェブマガジンです。
運営、維持費捻出のためでもありますが、会員になっていただくことで、クラブへの支援ともなります。
どうかご理解いただきたく、よろしくお願いいたします。

シーズン中は週3本の有料記事+αの公開を見込んでいます。
本日12月1日のサイトオープンから2月の途中まではインタビューを中心に不定期にオフシーズン企画を多数掲載の予定です。

・宮田博之社長インタビュー(1月予定)
・大木武監督インタビュー
・ピックアップインタビュー 石川大地選手
・ピックアップインタビュー 三島頌平選手
・FM岐阜パーソナリティ西村知穂さん&スタジアムDJ久世良輔さんインタビュー
・後藤勝シーズンレビュー
・後藤勝コラボ作品レビュー
・2月以降、あの白鳥士郎先生の参加も!?

 

まだよちよち歩きの身で恐縮です。
大きくなるまで見守っていただけますと助かります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック