【サッカー人気4位】“霜田体制”が本格スタート。初陣の相手…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

「CCNプレゼンツ オンラインFC岐阜かさなるステージ」開催! 竹田忠嗣「楽しみにしてくれている方がいっぱいいるとわかりました」粟飯原尚平「ぼくたちの一面を知ってもらったことはプラス」【イベントレポート】

 

ジェスチャークイズのジェスチャーをしたり、ヒントを出したり、ギッフィーとミナモも奮闘。


 5月31日、FC岐阜はYouTubeの公式チャンネル「FCGIFUTV」で「CCNプレゼンツ オンラインFC岐阜かさなるステージ」を開催。オンラインでファンとのふれあいを図った。
 
◆2時間の濃厚なイベント
 
 6月27日のJ3初戦まであと約1カ月。開幕に向けて盛り上げるべく、いつもは岐阜メモリアルセンター長良川競技場の屋外で実施している「CCNプレゼンツFC岐阜かさなるステージ」をオンラインでやってのけた。
 CCNの市橋大輔さんがMCで切り盛りするなか、冒頭でギッフィーが岐阜県関市出身のLiSAさんが歌う『紅蓮華』に乗ってダンスを披露すると、次は一転してFC岐阜スタジアムDJの平松伴康さんが移動中の車中から回線をつないで登場。チャット欄の求めに応じてサポーターや選手の名前を公式戦さながらにコールした。
 
 その後も、県またぎの移動を自粛中で岐阜が恋しいというFC岐阜応援マネージャーの伊藤寧々さんが室内でバク転、FC岐阜スタジアムDJの久世良輔さんがアコギ一本でチャントを歌い、FC岐阜応援隊長の北野瑠華さんと副隊長の太田彩夏さん(共にSKE48)がチャット欄の質問に答え、名鉄協商さんが岐阜グランドホテル監修『FC岐阜カレー』を紹介し、10人中5人で編成されたGGG(トリプルジー)が新しい衣装の初お披露目を兼ねて踊り――と、楽しいひとときが続いた。
 
 そしてギッフィーのおうちからの生中継とミナモとギッフィーによるジェスチャークイズを挟み、いよいよ選手登場コーナー。
 まずは中島賢星と粟飯原尚平のなかよしコンビがふたりのアツアツぶり? を語ると、選手会長の岡本享也が電子ピアノで星野源『うちで踊ろう』を演奏。最後は“ナンバサダー”こと難波宏明FC岐阜アンバサダーとキャプテンの竹田忠嗣が濃いトークに興じ、2時間があっという間に過ぎていった。

難波宏明FC岐阜アンバサダーと竹田忠嗣キャプテン。


背後にあるピアノで一曲披露した岡本享也選手会長。


中島賢星と粟飯原尚平は同時に登場。


 
◆イベント終了後、竹田忠嗣のコメント
 
――イベントに出演、またご覧になっていかがでしたか?
 
竹田忠嗣 いつもは、

(残り 2287文字/全文: 3537文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ