【サッカー人気1位】川崎に完敗 ゲームプランを崩された相手…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

竹田忠嗣キャプテンの『◯◯◯◯◯』ほか期待高まる<Jクラブ初>チャンネルメンバーシップについてのお話【無料公開/後藤勝コラム】

 

特典のスライドショーはオフィシャルの写真を編集したもの。©FCGIFU


 
◆Jクラブ初となるチャンネルメンバーシップ特典スタート!
 
 みなさんご存知かと思いますが、FCGIFUTVの有料会員制度「チャンネルメンバーシップ」が6月2日から始まっていまして、特典である第1回のトークと、練習試合3試合とJ1開幕戦のスライドショーが限定公開されています。もうご覧になりましたでしょうか。
▼ご加入案内はこちら
https://www.fc-gifu.com/news_information/59273.html
 
 スライドショーはホーム全試合が対象で、今後も第3節讃岐戦以降、ホームゲーム後にやっていきます。『ぎふマガ!』でもものすごくお世話になっているオフィシャルカメラマンさんのスチール写真を動画にしたものですが、場面ごとに“絵”として狙って撮られたプロのハイクオリティ写真で試合を振り返るのは、映像で試合ハイライトを観るときとはまた違った味わいがあり、かなりおすすめです。
 今後の配信で何をやるか決めたトークも面白かったですね。最初、アップ用のカメラで音声が入らなかったときはどうなるかと思いましたが、チャット欄で音声不具合を指摘、引きのカメラだけでやりましょうと提案して、その場で修正していくあたりは、メンバーとクラブ側運営の密接な関係あってこそという感じでじつによかった。ほんとうにFC岐阜を好きな人だけが集まっているいい意味で閉じた空間の心地よさには、何ものにも代えがたいところがあります。
 なお竹田忠嗣キャプテンの企画は
 

竹田忠嗣「キスマイを除くと自分は成り立たない。。。のかもしれないんですけど、あえて言うなら」【A面で恋をしたあの人をさらに好きになるためのB面インタビュー】【こんにちは令和】


 この記事の後半あたりを読んでいただくと、より内容をイメージしやすくなるのではないかと思います!
『◯◯◯◯◯』、めっちゃ楽しみ。
 
◆で、結局会員制の醍醐味がどこにあるのかというと……
 
 もともと欧州のサッカークラブは地元の市民が多数会員となって運営会費を払う市民クラブから出発していますね。これに対して日本では株式会社がプロサッカークラブを運営する手法なので、各Jクラブはファンやサポーターがお金を出してクラブに関われるようにするために、主に年間チケットとファンクラブの制度を整えています。
 FC岐阜でもシーズンシートとファンクラブの二段構えで需要に応えようとしています。これらはリターンとなる特典面を考えると“試合当日”の“体験”に関するものだと言えます。試合のチケットやグッズを割安で購入できる、特典でもらえるグッズがある、イベントに参加できる……など。
 こうしてファン、サポーターの内面に試合の思い出がどんどん蓄積されていくのはよいのですが、その思い出をつないで物語にしていく部分が、若干弱かったのではないかという気がしています。魅力的なコンテンツであるはずのFC岐阜を十分に伝えきれなかったのではないかと。
 
 FC岐阜にはいろいろな濃い要素が詰まっています。
 将来的にプロサッカーの中京圏が確立した際には名古屋グランパスと盟主の座を争う名岐ダービーの一角。ホームとなる岐阜県は歴史的な土地、人物、出来事に事欠かず、様々な映画、ドラマ、アニメ、小説の舞台となっている。グルメも含めて観光資源が豊富です。日本のど真ん中で、東にも西にもアクセスがいい。
 アカデミーはまだまだですが、FC岐阜U-18が1シーズンだけとはいえプリンスリーグへの昇格を経験し、同チーム出身の志知孝明が他クラブでプロ選手になっています。加えてOBがコーチや強化担当としてクラブに戻ってきていますし、顔となるべき選手が2年目、3年目と、在籍期間を伸ばすようになってきています。
 また喜ぶことではありませんが、J3に降格してJ2への再昇格をめざすという構図も、クラブの長い歴史を考えれば、やはりひとつの物語です。
 これらの要素を紐解き、結び直し、物語として鑑賞できるように届け、試合と試合の合間に味わっていただく。そこを補うべくひと足先に始まったのが『ぎふマガ!』であり、今回のチャンネルメンバーシップだと捉えることができると思います。
 
 サポーターは定点観測によって出来上がる面があると、個人的には考えています。1年を通して、あるいは10年スパンでの起伏を眺めているからこそ、長らく出場機会のなかったあの選手にチャンスがめぐってきたとき「◯◯よ、おまえの出番だ!」と、盛り上がることができるわけです。
 世間やマスメディアから見てマイナーな選手であっても、ファン、サポーター、クラブ関係者、番記者から見て重要な選手であるというケースはいくらでもあります。
 
 この定点観測のための装置がチャンネルメンバーシップだと思います。『ぎふマガ!』もまた同様の存在でありたいと思います。
 クラブへの思い入れを深めようと思っても、その取っ掛かりになる入口がないと、なかなかファンは近寄っていけないですよね。メンバー特典配信のチャット欄でのちょっとしたやりとりは、スタッフのどこかに印象として残ります。好きな人の意見はクラブにとっても参考になりますし、そういうコミュニケーションによってお互いの結びつきが深まり、ファンの側としても、ああ自分はFC岐阜が好きなんだなとあらためて気づくきっかけにもなるはずです。
 
 そういう意味で、FC岐阜者としての自覚を深めやすい制度がクラブ側から出てきたことに、ちょっとした感慨をおぼえています。これは帰属意識をくすぐられるなぁ……、と。しかもこれ、Jクラブでは初となる施策だったりして。よろしければご加入を検討してみてはいかがでしょうか。
 

クラブのほうから歩み寄ってきたという感じがします。 ©FCGIFU


*********************************************
[FC GIFU INFORMATION]
▼公式twitter  https://twitter.com/fcgifuDREAM
▼公式facebook https://www.facebook.com/FCGIFUPR/
▼公式Instagram https://instagram.com/fcgifu
▼公式サイト   http://www.fc-gifu.com
*********************************************

はじめまして! ぎふマガ!です

FC岐阜を愛する皆様、はじめまして。
『FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン ぎふマガ!』です。
これからよろしくお願いいたします!

申し遅れましたが私、弊サイトの監修と編集サポートを務めます、フリーライターの後藤勝と申します。
クラブスタッフに代わり、『ぎふマガ!』の紹介をさせていただきます。

外から見たFC岐阜は、Jリーグ界随一と言っても過言ではないスタグルを誇るなど、ピッチ外のイベント企画力がすごい。
ピッチ内では大木武監督の招聘によって基礎を築き、気風をつくろうとしていて、これからが期待されるクラブに映ります。
しかし唯一、足りないものがあるように感じられました。
サッカー専門メディアでの扱いです。

長良川競技場に足を運ぶ度に、もっと記事を読みたい、情報を知りたいという切実な声をファン、サポーターの方々から頂戴します。
もちろん地元メディアの方々の奮闘はありますが、他クラブのファン、サポーターなら享受しているはずの、プラスアルファの拡がりが少ない。
そこを補えないだろうかという議論から、弊サイトを開設する結論に達しました。
今後はFC岐阜ならではの、独創性ある情報発信を心がけていこうと思います。
日々の楽しみとして、ぜひ『ぎふマガ!』を味わっていただければさいわいです。
クラブ公式となると、掲載できる内容がかなり限定されてくるのではないか? という懸念もおありかとは思いますが、私を含む外部記者の署名記事により、風通しをよくしていければと考えております。ぜひご期待ください。

開設準備中、こんな話がありました。
「漢字で『岐阜』と書くと県内の岐阜市以外の地域の人は『岐阜市』を連想しがちである」
思わずうなりました。
FC岐阜は岐阜県全域をホームタウンとするクラブで、トップチームは全市町村を代表する存在です。飛騨国と美濃国でファン、サポーターが分かれてしまっていいはずがありません。
FC岐阜と言わずに、県民にとっての岐阜をどう表現すればいいか。
そうだ、平仮名で書こう。
そのようにして略称『ぎふマガ!』が決まりました。
思えば、ぎふ清流国体も平仮名表記でした。FC岐阜を愛するすべての方が話題にできる共通のメディアとして歩んでいければと思います。

『ぎふマガ!』は月額540円(税込)の有料ウェブマガジンです。
運営、維持費捻出のためでもありますが、会員になっていただくことで、クラブへの支援ともなります。
どうかご理解いただきたく、よろしくお願いいたします。

シーズン中は週3本の有料記事+αの公開を見込んでいます。
本日12月1日のサイトオープンから2月の途中まではインタビューを中心に不定期にオフシーズン企画を多数掲載の予定です。

・宮田博之社長インタビュー(1月予定)
・大木武監督インタビュー
・ピックアップインタビュー 石川大地選手
・ピックアップインタビュー 三島頌平選手
・FM岐阜パーソナリティ西村知穂さん&スタジアムDJ久世良輔さんインタビュー
・後藤勝シーズンレビュー
・後藤勝コラボ作品レビュー
・2月以降、あの白鳥士郎先生の参加も!?

 

まだよちよち歩きの身で恐縮です。
大きくなるまで見守っていただけますと助かります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック