【サッカー人気2位】オルンガ、西川潤の移籍のウワサが示唆……

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

「ギッフィーのおうち」実働4カ月間に手応え。「やっててよかった」の声【クラブレポート/無料公開】

 

好評のうちにオープンから半年が経った「ギッフィーのおうち」。©FC GIFU


 2月8日からグッズ販売を開始し、2月9日に正式オープンを果たしたFC岐阜サテライトプラザ「ギッフィーのおうち」が、7月31日でグッズ販売を休止する。
 新型コロナウイルス感染拡大に伴う休館期間を除き、半年間のうち約4カ月、岐阜市内における交流拠点として稼働。延べ8,000人の来訪があり、物品販売、各種受付、情報のやりとりに役立った。
 
「やってよかったと思います。今後はこのような拠点をどう活かしていくか」と語る富田弘紀ホームタウン・販売チーム担当に、ここまでの手応えを振り返ってもらった。
 
◆お互いをつなぐひとつの場所にできた
 
 マーサ21ショッピングセンターから店舗スペース提供の話があったのは2019年の11月頃。翌シーズンのJ3降格が決まったことから「FC岐阜さんと手を組んでもう一度盛り上げたい。空いている場所がもし活用できるのであればそうしてほしい」と呼びかけられ、東館2階グローブ横の空き店舗に「ギッフィーのおうち」を構えることになったという。
 
 これまで市中にオフィシャルグッズショップを有していなかったFC岐阜にとっては、初めての出店に挑むまたとない機会。他クラブの販売状況を見ても、オフィシャルの実店舗での売上が多くの割合を占めている。グッズが浸透し、年々お客さんが増えているからこそ、店舗にチャレンジしたいというタイミングともマッチし、出店を決意した。
 オフィシャルショップの誕生を待ち望んでいた古くからのサポーターは「ギッフィーのおうち」を初めて訪れると「FC岐阜もここまで来たか」と感慨深げに声を漏らしていたという
 
 物販に関してはJ3リーグ開幕一週間前の3月1日で一度終了する予定だったが、コロナの影響でJリーグ全体が活動を休止。スタジアムでのグッズ販売もできない状況となり、物販を継続した。4月12日にはこの「ギッフィーのおうち」での販売業務も休止せざるをえなくなったが、緊急事態宣言の解除を受け、5月23日から営業を再開。現在も賑わっている。
 
「今まではスタジアムに足を運んでいなかった県民のみなさんに対しても有効にPRができたのではないかと思います。ぼくが驚いたのは、通りがかった親御さんたちが、小さいお子さんに『ギッフィーだよ』と言っているんですよね。FC岐阜の認知度は上がっているだろうとはわかっていたんですけど、通行する人々がみなギッフィーを知っているという状況までは予想できませんでした。これはもう、ギッフィー自身の努力の結果がこの三年間で確実に出てきているんだなと」
 
 積極的な施策が少しずつ実を結び、ちょうど機が熟した頃合いだったのだろう。現場もギッフィーとFC岐阜の浸透を喜んでいるようだ。
 
「この4カ月間に関しては成功だと思っています。ファン、サポーター同士が触れ合える場所にできたというところも大きいですね。特にコロナでJリーグが中断していた間は、ファンサービスもなければ練習見学もできなければ試合もないという状況で、マーサさんのお話がなければ半年間、ファン、サポーターの方とクラブとが結びつく機会がゼロになってしまうところでした。お互いをつなぐひとつの場所にできたんだなと、そういう感じがします」
 
「オンラインで遠隔」の需要がある一方で「リアルで対面」のよさを再認識したこの4カ月間、10時から18時まで稼働し続けたことを契機に、市中の拠点をどのように維持、運用し、常設化していくかという議論が始まっている。どういった場所で、どういうやり方が望ましいのか。富田さんも「大変ですけど、やっていてすごく楽しい」と笑みをこぼす。グッズにかぎらず、たとえば公式戦再開が近づきファンクラブの入会希望者が増えるなど、モチベーションの変化、クラブの活動に対してのリアクションを肌身で感じ取ることができる点も、働き手のやりがいにつながっているようだ。
 
 物販は7月31日で休止するが、ブースそのものは今後も残る予定。新型コロナウイルスの状況を見ながらイベントを開催し、またその期間限定での特別物販もありえるという。憩いと交流の場として、「ギッフィーのおうち」はこれからもつづいていく。
 
◆販売情報(2020年7月2日時点)
 
 8月からはJリーグがやや緩めの厳戒態勢に移行、FC岐阜も4,000人まで入場可能なホームゲームを開催し、物販もおこなうが、それまではマーサ21の「ギッフィーのおうち」で買い物を楽しみたい。
 
<FC岐阜プレイヤーズ色紙フェスタ>開催中
「プレイヤーズミニ色紙」(サイン入り3枚セット税込1,000円)を購入後、同封されている「抽選券」を景品と引き換えできる。
 

プレイヤーズミニ色紙。©FC GIFU


 7月14日(火)に公式ホームページ(https://www.fc-gifu.com/)で当選発表、同日から31日まで「ギッフィーのおうち」で景品と引き換え。A賞は選手着用2019ユニフォーム上下セット(富樫佑太/1st、馬場賢治/2nd、ライアン デ フリース/夏季、宮本航汰/夏季)。
 商品が完売次第終了。在庫がある場合は7月12日(日)まで販売。
 本日7月2日時点では欠品中。7月6日(月)より再販予定。
 
<2020明治安田生命J3リーグ開幕記念グッズセール>開催中
 7月12日(日)まで夏向けのポロシャツやニューバランス製品を中心に実用度の高いグッズがお買い得価格で手に入る。
 イチオシは小物の持ち運びに便利な「ニューバランスサコッシュ」。新作アイテムにもかかわらず1,000円引きの2,500円で販売。
 

ニューバランスサコッシュ。©FC GIFU


 観戦のみならずちょっとしたお出かけに適した大きさ(タテ18cmxヨコ25cm)で、普段使いにもってこい。
 本日7月2日時点で在庫あり。
 
*********************************************
[FC GIFU INFORMATION]
▼公式twitter  https://twitter.com/fcgifuDREAM
▼公式facebook https://www.facebook.com/FCGIFUPR/
▼公式Instagram https://instagram.com/fcgifu
▼公式サイト   http://www.fc-gifu.com
*********************************************

はじめまして! ぎふマガ!です

FC岐阜を愛する皆様、はじめまして。
『FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン ぎふマガ!』です。
これからよろしくお願いいたします!

申し遅れましたが私、弊サイトの監修と編集サポートを務めます、フリーライターの後藤勝と申します。
クラブスタッフに代わり、『ぎふマガ!』の紹介をさせていただきます。

外から見たFC岐阜は、Jリーグ界随一と言っても過言ではないスタグルを誇るなど、ピッチ外のイベント企画力がすごい。
ピッチ内では大木武監督の招聘によって基礎を築き、気風をつくろうとしていて、これからが期待されるクラブに映ります。
しかし唯一、足りないものがあるように感じられました。
サッカー専門メディアでの扱いです。

長良川競技場に足を運ぶ度に、もっと記事を読みたい、情報を知りたいという切実な声をファン、サポーターの方々から頂戴します。
もちろん地元メディアの方々の奮闘はありますが、他クラブのファン、サポーターなら享受しているはずの、プラスアルファの拡がりが少ない。
そこを補えないだろうかという議論から、弊サイトを開設する結論に達しました。
今後はFC岐阜ならではの、独創性ある情報発信を心がけていこうと思います。
日々の楽しみとして、ぜひ『ぎふマガ!』を味わっていただければさいわいです。
クラブ公式となると、掲載できる内容がかなり限定されてくるのではないか? という懸念もおありかとは思いますが、私を含む外部記者の署名記事により、風通しをよくしていければと考えております。ぜひご期待ください。

開設準備中、こんな話がありました。
「漢字で『岐阜』と書くと県内の岐阜市以外の地域の人は『岐阜市』を連想しがちである」
思わずうなりました。
FC岐阜は岐阜県全域をホームタウンとするクラブで、トップチームは全市町村を代表する存在です。飛騨国と美濃国でファン、サポーターが分かれてしまっていいはずがありません。
FC岐阜と言わずに、県民にとっての岐阜をどう表現すればいいか。
そうだ、平仮名で書こう。
そのようにして略称『ぎふマガ!』が決まりました。
思えば、ぎふ清流国体も平仮名表記でした。FC岐阜を愛するすべての方が話題にできる共通のメディアとして歩んでいければと思います。

『ぎふマガ!』は月額540円(税込)の有料ウェブマガジンです。
運営、維持費捻出のためでもありますが、会員になっていただくことで、クラブへの支援ともなります。
どうかご理解いただきたく、よろしくお願いいたします。

シーズン中は週3本の有料記事+αの公開を見込んでいます。
本日12月1日のサイトオープンから2月の途中まではインタビューを中心に不定期にオフシーズン企画を多数掲載の予定です。

・宮田博之社長インタビュー(1月予定)
・大木武監督インタビュー
・ピックアップインタビュー 石川大地選手
・ピックアップインタビュー 三島頌平選手
・FM岐阜パーソナリティ西村知穂さん&スタジアムDJ久世良輔さんインタビュー
・後藤勝シーズンレビュー
・後藤勝コラボ作品レビュー
・2月以降、あの白鳥士郎先生の参加も!?

 

まだよちよち歩きの身で恐縮です。
大きくなるまで見守っていただけますと助かります。
今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック