【サッカー人気5位】川崎フロンターレの異常な距離感。Jリー…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

町田ブライト、Jリーグ初ゴール。「ここのときは行くという共通認識を持てていた」単騎突撃ではなくコンビネーションでの一撃に大きな手応え【J3第15節「ヴァンラーレ八戸vs.FC岐阜」Player’s Voice】

 

試合後のWeb会見に応じた町田ブライト。


 まだ先発は2回目という23歳の背番号15が、試合の流れを決定づけるゴールをものにした。橋本和の芸術的なヒールシュートで前半9分に先制してから8分後、前半17分のことだった。
「もうシュートを撃つと最初に決めていたので、(もしコース上に)敵がいようがたぶん撃っていました。自分から見るとけっこう(コースは)空いていた。あとはもう撃つだけだったという感じです」
 ストライカーらしい思考。町田ブライトの右足から放たれた速いシュートは、こうして電撃的にヴァンラーレ八戸のゴールマウスを陥落させた。
 これが

(残り 1692文字/全文: 2032文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック