【サッカー人気5位】【トリコロール研究所】上海上港戦でPK…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

前田高崎2トップでアスルクラロ沼津撃破、4位浮上も少々気になる劣勢の時間帯【J3第18節「FC岐阜vs.アスルクラロ沼津」マッチレポート】

 


中島賢星のダメ押しゴールで沼津の反撃ムードを断ち切り、3ポイントへ。©Kaz Photography/FC GIFU


 9月27日、FC岐阜は岐阜メモリアルセンター長良川競技場でJ3第18節に臨み、アスルクラロ沼津と対戦。3-1の勝利を収めた。高い位置から積極的にプレッシャーをかけ、前半2分と18分に高崎寛之が得点を挙げ先行。後半29分には沼津の今村優介に右コーナーキックからのヘディングを決められ1点差とされるが、終了間際の43分、自陣で相手のパスをカットしてからのカウンターで最後は2本のパスによる崩しによって決めた中島賢星の今シーズン4点目で突き放し、勝負を決めた。岐阜は連勝で勝点を31に伸ばし、1試合消化が少ない状態で暫定4位。未消化分のブラウブリッツ秋田戦に勝てば首位の秋田と9ポイント差、2位のロアッソ熊本と4ポイント差にまで縮まる。昇格圏を行くチームのしっぽが見えてきた。
 
◆後半はシュート1本
 

高崎寛之、堂々のドッピエッタ(1試合2得点)。©Kaz Photography/FC GIFU


 仲田建二監督へと正式に交代しての初戦。中4日とはいえ決して準備期間は十分とはいえないなかでも

(残り 2954文字/全文: 3602文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック