【サッカー人気5位】【山雅探報】[元悦対談]北九州戦の勝利…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

合宿半ば時点でのチームづくりの進度【宮崎キャンプ】

 

2月19日、1/4コートでの7vs.7ゲーム中の本田拓也。(撮影後藤)


居残りのシュート練習で、富樫佑太。(撮影後藤)


 新たなサッカーを組み上げていく作業に熱中している感のある安間岐阜。FC町田ゼルビアに敗れたあとどこが改善され、何がまだ足りないのかを、アンカーの本田拓也とフォワードの富樫佑太の言葉から探った。

◆前がかりになった状態で意識を高めるべきバランス感覚

 町田戦のあと、安間貴義監督は選手に以下の項目を重視するようミーティングで伝え、練習にも反映させたという。

(残り 1861文字/全文: 2237文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ