【サッカー人気4位】なぜ野々村チェアマンはTwitterを…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

FC岐阜、同じJ3のFC今治に3点完封。喜ぶのは時期尚早とはいえ、合宿の最後に新しいサッカー像を確認出来た貴重な勝利【無料公開/速報第1報/宮崎キャンプ】

 

とにかく走る! 村田透馬。左はFC今治の元日本代表、橋本英郎。(撮影後藤)


 2月20日、FC岐阜は宮崎県内でFC今治を相手に45分×3本の練習試合をおこない、トータル3-0のスコアで勝利を収めた。
 1本目2-0、2本目1-0、3本目0-0。1本目の16分に右サイドで服部康平からのパスを受けた舩津徹也がすぐさま折り返し、このクロスに対してニアにポジションをとっていた中島賢星がヘディング。これが弧を描くループシュートとなり、相手ゴールキーパーの頭上を越し、先制に成功した。
 2点目は1本目の38分。左サイドの吉濱遼平が上げたクロスをファーサイドにいた舩津は胸トラップ、右足で“ズドン”という音が聞こえてきそうな弾丸シュートを叩き込んだ。
 3点目は2本目の32分。レレウが相手選手をギリギリまで惹きつけてからパスを出すと駆け抜けてきた松本歩夢の前にコースが一瞬空く。これをきれいに流し込み、超高速カウンターのチャンスをものにした。
 

チームとして3点目となるゴールを決めた松本歩夢。(撮影後藤)


 3バックとアンカーを活かして最終ラインからじっくりと組み立てるビルドアップにも味があるが、一発の中長距離のパスに合わせて前目のポジションの選手たちが相手最終ラインのウラをめがけて走る速攻に迫力があった。また球際の争いを制してボールを奪い取る場面も多かった。
 ボールを奪おう、奪って攻め込もうとする意欲が全員から感じられたことが収穫。この日はゴールに直接関与しなかった粟飯原尚平や村田透馬などもボールを奪う状況で相手に競り勝ち攻撃につなげ、チームに貢献していた。最終ラインでは身長189cmの巨漢、三ッ田啓希が正当なフィジカルコンタクトで相手を吹っ飛ばす場面も。
 喜ぶのは時期尚早だが、J2昇格争いのライバルに勝ったことはプラスのはず。“強さ”を求め、闘う集団に変わりつつある岐阜が、宮崎キャンプの最後に貴重な1勝を挙げた。
 

合宿中にチームコンセプトを浸透させた安間貴義監督。©FC GIFU


*********************************************
[FC GIFU INFORMATION]
▼公式twitter  https://twitter.com/fcgifuDREAM
▼公式facebook https://www.facebook.com/FCGIFUPR/
▼公式Instagram https://instagram.com/fcgifu
▼公式サイト   https://www.fc-gifu.com/
*********************************************

ぎふマガ!購読のご案内

「FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン ぎふマガ!」について

『ぎふマガ!』は月額550円(税込)の公式ウェブマガジンです。
コロナ禍にあってもクラブ、チームの動静を他の媒体よりも多くの分量でお伝えしていきます。
運営、維持費捻出のためでもありますが、会員になっていただくことで、クラブへの支援ともなります。
どうかご理解いただきたく、よろしくお願いいたします。

 

■過去1週間の記事一覧

○5/17
○5/16
○5/14
○5/12

 

2022年からシーズン中は次の試合のプレビュー、試合後のマッチレビューを中心に週3本を目安に記事を更新していきます。

ご購読方法

支払い方法ごとの詳細

各お支払い方法ごとに、詳しいお申し込み方法と閲覧期間の説明ページをご用意しました。下記リンクから、お進みください。

タグマ!とは

スポーツ、カルチャー、エンタメ。好きなジャンルをとことん読めるWEBマガジン

Push7リアルタイム更新通知に対応!記事更新をお手元の端末へダイレクト通知。気になる話題がいち早く!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ