【サッカー人気5位】無敗の首位撃破なるか。新潟の攻略ポイン…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

中島賢星、ゴールに向かう意識と球際に勝とうとする意識【宮崎キャンプ】

 

存在感を増しつつある中島賢星。(撮影後藤)


 FC今治戦の先制ゴールは舩津徹也のクロスを中盤の中島賢星がヘディングシュートで決めたものだった。もしゴール前に前線の選手が2枚いるなら右サイドでボールを持った舩津に近寄り加勢してコンビで崩していく判断もありえるが、ゴール前のスペースは空いていた。この場合は自らフィニッシャーになることが最短でゴールを奪う選択。中盤に下がったりサイドに寄ったりするよりはゴール方向に近づいていこうとする中島の判断は安間サッカーのコンセプトにも合致。ひとつのモデルとなるプレーだった。
 
◆攻撃の優先順位と球際の厳しさ
 
 中島の証言によれば、服部康平から舩津にボールが渡ったとき、

(残り 1465文字/全文: 1849文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ