【サッカー人気3位】柏に完封勝利 宇賀神友弥は試合出場を目…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

これまで在籍していた選手たちが2021年仕様にリシェイプした理由、そして今季リーグ戦の勝ち抜き方【安間塾2021 インタビューシリーズ第4回】

 

北西部で選手とコミュニケーションをとる安間貴義監督。(撮影後藤)


 豊富な経験をもとに、サッカーの本質からFC岐阜での取り組みまでを語る安間貴義監督。多岐に渡るインタビューをエピソードやテーマの単位で区切り、シーズンを通してお届けしていく。第4回は既存の選手たちがいかに新しい仕様にリシェイプしたかということから、今シーズンの長期に渡るレースをどう勝ち抜いていくか、その考え方までをお届けする。
 
◆既存戦力の変身
 
 既存戦力の成長に目を見張るものがある2021シーズンのFC岐阜。象徴的に取り上げられるのは3月の月間ベストゴールに選ばれた中島賢星だが、第3節までの2試合で73分間出場している三島頌平も、練習を含めて昨年までとは見違えるようになっている。

(残り 2446文字/全文: 2855文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ