【サッカー人気3位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

本石捺、柔軟なレフティとして左エリアの覇者をめざす【Player’s Voice】

 
 宮崎キャンプは多くの選手に門戸が開かれていた。最初の練習試合、FC町田ゼルビア戦で大卒新人の本石捺が先発出場。選手全員が新しいシステムに不慣れな状況で、左のワイドを務めたレレウとのコンビネーションに苦慮しながらも3バックの左を守り、修正しつつゲームを進めていた。
 
 強度を重視するサッカーを掲げた2021シーズンのFC岐阜。安間貴義監督は右に藤谷匠、左に三ッ田啓希を配置、本石はレギュラー陣に挑戦する立場となって開幕を迎えた。公式戦の出場はなく、天皇杯予選のFC岐阜SECOND戦が唯一のベンチ入りとなった。
 
◆局面を動かしていけるディフェンダーに
 

(残り 2143文字/全文: 2438文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ