【サッカー人気2位】19年から3シーズンを指揮した田坂和昭…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

安間貴義監督「後押ししてくれるファン、サポーターの方々とともに最後までやりきりたい」【J3第23節「FC岐阜 vs. いわてグルージャ盛岡」コメント】

 

試合後の安間貴義監督。


○総括
 
 勝つため、勝点3を求めて試合に挑みました。
 そのためのメンバーを選んで先発から仕掛けていきました。選手はほんとうに戦ってくれたと思います。
 
 たとえ先制されても同点に追いつかれても最後も同点でいいと思っている選手はいなかったと思いますし、最後の(吉濱)遼平が撃ったシュートのこぼれに(川西)翔太たちが飛び込んでいる、そうした内側の変わってきた部分も、だいぶいいほうに影響するようになってきたと思います。
 
 この引き分けによって可能性は薄くなっているかもしれませんが、自分たちからやめないかぎりゼロにはなりませんし、J3はどこで連敗するかもわからないので、自分たちでやめることなく、こうやって最後まで後押ししてくれるファン、サポーターの方々とともに最後までやりきりたいと思います。
 
──中村太亮に攻撃面で力を発揮させないよう「攻撃は最大の防御」で窪田稜を当てていき、むしろそこを使おうというように映ったが、そこを含めてこの試合のポイントはなんだったか。

(残り 2175文字/全文: 2707文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ