【サッカー人気5位】【山雅探報】これからの松本山雅を本気で…

ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

岩手のわずかな隙を衝いての2得点も、リードを守れず引き分け【J3第23節「FC岐阜 vs. いわてグルージャ盛岡」Match Review】

 

©Kaz Photography/FC GIFU


■明治安田生命J3リーグ第23節
 
10月17日(日)16:00キックオフ
岐阜メモリアルセンター長良川競技場(岐阜)/入場者3,151人
FC岐阜 2 – 2 いわてグルージャ盛岡
【得点者】牟田雄祐(岩手、22分)、三ツ田啓希(42分)、オウンゴール(64分)、オウンゴール(岩手、70分)
【岐阜先発/3-4-2-1】GK:松本拓也/3CB(RtoL):藤谷匠、甲斐健太郎、三ツ田啓希/WG(R):窪田稜/CH(RtoL):柏木陽介、本田拓也/WG(L):橋本和/IF(RtoL):中島賢星、川西翔太/CF:深堀隼平<GK=ゴールキーパー、CB=センターバック、WG=ウイング、CH=センターハーフ、IF=インサイドフォワード、CF=センターフォワード>
 
◆逆転後6分の失点で3ポイントを逃す
 

©Kaz Photography/FC GIFU


 10月17日、FC岐阜は岐阜メモリアルセンター長良川競技場でJ3第23節に臨み、いわてグルージャ盛岡を相手に2-2のスコアで引き分けた。2位テゲバジャーロ宮崎との勝点差は10。岐阜があと7試合で21ポイントを加えて勝点54で全日程を終えたとして、宮崎が4勝2敗で勝点55に到達すると昇格圏に届かない計算になる。宮崎以下の各チームが混戦にもつれ込んだとしてもかなり難しい状況ではあるが、選手は諦めてはいない。三ツ田啓希が言うように勝ちつづけるしかない。
 
◆窪田稜を狙っていた本田拓也

(残り 3413文字/全文: 4202文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ