ぎふマガ!~FC岐阜を徹底的に応援する公式ウェブマガジン~

選手コメントと試合展望【岐阜県大会決勝前Web囲み取材】

 

 
 5月7日、FC岐阜は岐阜メモリアルセンター長良川競技場で2022年度 第27回岐阜県サッカー選手権大会 兼 天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権大会 岐阜県代表決定戦の決勝に臨み、岐阜協立大学と対戦する。
 
 向志高校や中京学院大学附属中京高校など高体連の有力校、あるいはJクラブユース出身者を多く抱える岐阜協立大学だが、1回戦でFC岐阜SECONDと戦ったメンバーにはFC岐阜U-18出身の選手も3名含まれ、モチベーションは高そうだ。なかでもフォワードの横山智也は直近ではデンソーチャレンジカップの東海選抜に選ばれるなど、選抜歴がもっとも豊富。出方が読みにくいが、構えて守り奪ったボールをこの横山に預けて得点を狙ってくることも考えられる。岐阜協立大学の基本フォーメーションは4-4-2。引いて構えて速攻を狙うのか、前からプレッシャーをかけるのか、どちらの初手で臨んでくるのか予想は難しい。岐阜としては相手の出方によって対処法を切り替えつつ、積極的に攻め圧倒、先制点を狙いたいところだ。
 
○舩津徹也
 

(残り 1392文字/全文: 1866文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ