【サッカー人気3位】ひと回りもふた回りも成長したオビ・パウ…

「football fukuoka」中倉一志

新しいアビスパを見せたい(末吉 隼也)

150220_01

内容:練習終了後の個別取材
日時:2015年2月19日(木)
場所:雁の巣球技場

◎末吉 隼也選手;
Q:どんな宮崎キャンプでしたか?
「チームとして。どのように守るのかという戦術面の確認ができましたし、選手同士のコミュニケーションも密に取れたので、いいキャンプだったと思います」

Q:守備はチームとしての形が見えてきたように思います。
「ある程度ブロックを作っている時はやられないという自信が付きましたし、守備の形は、ある程度キャンプで作れたんじゃないかと思います。ボールを奪った後に前へ運ぶということでは、すぐには上手くいかないので、徐々に、徐々に良くなって行けばいいのかなと思っていますし、攻撃は、個人の判断が重要になってくるので、個人、個人のな考えの擦り合わせというか、そういったところを、練習からお互いに要求していけば、開幕までにはいい形に持っていけると思っています」

Q:トータルで見ると、いいキャンプだったということですね。
「そうですね。結果も残しつつ、自分たちのやりたいサッカーを徐々にやれてきているという点で言えば、いいキャンプでしたし、けが人が、そんなにでなかったということも良かった点です。開幕を全員で迎えることができると言うのが一番ですし、個人、個人がコンディションを上げて行って、開幕でベストの状況に持っていければと思います」

Q:21日はF東京都のプレマッチです。どのように戦いますか?
「キャンプでやってきたことが、どこまで通用するのかということを確認するのが第一ですけれども、やるからには勝ちを目指してやっていかなくてはいけません。開幕をいい形で迎えるためにも負けてはいられないですし、いま、自分たちがチームとしてどれだけ戦えるのかを試す試合でもありますから楽しみですね」

Q:大勢の観客の皆さんがスタジアムに足を運ぶと聞いています。
「大勢のお客さんの前で、新しいアビスパはこういうサッカーをするのだという姿を見せたいですし、期待されているのは分かるので、その期待に応えられるように、そして、それ以上のパフォーマンスを出せるように頑張っていきたいと思います」

【中倉一志=取材・構成・写真】
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック