【サッカー人気3位】どうした?浦和のエース興梠慎三【こぼれ…

「football fukuoka」中倉一志

特別企画:木原正和の想い

150422_01

以前、football fukokaでも紹介したが(「サッカーの灯は消さない 吉田健次の挑戦」)、経営危機に陥っていたカンボジアのプロチームの「トライアジア・プノンペンFC」は、運営を引き継いだ吉田健次氏の活動により新オーナーを獲得。新たにカンボジアンタイガーFCとして、7月に開幕するカンボジアリーグに向けて、日々、準備を重ねている。そのチームを監督兼選手として牽引しているのが、2012年から2年間に渡ってアビスパ福岡でプレーしていた木原正和だ。(なお、吉田さんは、現在はカンボジアンタイガーFCのゼネラルマネジャーとしてクラブの運営にかかわっている)

(残り 4026文字/全文: 4302文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック