【サッカー人気5位】ひと回りもふた回りも成長したオビ・パウ…

「football fukuoka」中倉一志

手応えが掴めた試合(城後寿)

2016Jリーグ・スカパー!ニューイヤーカップ
日時:2016年1月31日(日)14:03
会場:KIRISHIMAハイビスカス陸上競技場/4,285人
結果:鹿島アントラーズ2-0アビスパ福岡
得点:[鹿島]増田(4分)、昌子(68分)

Q:鹿島との対戦でした。試合を終えての率直な感想を聞かせてください。
「強かったですけれども、守備のところでは、ある程度、自分たちがしようとしていることが出来ましたし、失点のところは自分たちのミスがらみで、そこはすぐに修正出来ると思うので、手応えも掴めた試合でした」

Q:出来たところ、出来なかったところ、それぞれについて教えてください。
「崩されたというシーンはほとんどなかったと思いますし、スルーバス1本で決定的なシーンを作られることもありませんでした。守備のところでは、去年からやっている、ブロックを固めて守るというやり方は、ある程度手応えを感じることが出来たので、そこは続けていきたいと思います。その一方で、クロスの対応のところではJ1だなと感じましたし、止める、蹴るのところでもJ2との違いを感じたので、早く慣れていくことが大事だと思います。その中で、個人的には手応えを掴んだと言えるほどのプレーが出来なかったので、前線の選手とコミュニケーションを取りながら、また次の試合に向けて修正していけたらなと思います」

Q:去年までいたメンバーを中心に、新しい選手も何人かプレーしましたが、連携という部分ではどうだったのでしょうか?
「そこまで問題はなかったと思いますけれども、新しい選手との関係だけではなくて、去年までやっていたメンバーとの間でも、上手くいかなかったところ、上手くいったところの両方がありました。相手がJ1というところで、多少、躊躇した部分があったと思いますし、特に前半は手さぐり状態の中でやっていましたし、ビビッている感じの中でやっていたので、そこは、自分たちがしっかりと主導権を取るんだという気持ちでやっていきたいと思います」

Q:試合後、選手同士で話し合っている姿がありました。どんなお話をされていたのでしょうか?
「負けはしましたけれども、内容としてどうだったのかというところで、守備のところでは、そこまでやられたシーンはなかったので、自分たちがやろうとしていたことは出来たのではないかと話していました。みんな前向きにポジティブに捉えていたので、そういう姿勢は、これからも続けていきたいと思いますし、修正すべきところは、みんなで話し合って詰めていきたいと思っています。監督からも、ミーティングでいろいろと指示があると思うので、そこも併せて修正していきたいです」

Q:今日から2週間のキャンプが始まります。チームとして、どういったところを高めていきたいですか?
「まずは、監督が目指すサッカーを選手全員がしっかりと理解して、1年間戦える土台を作ること。そして、去年やってきたことに対して、少しずつプラスアルファを積み上げていきたいと思います」

【中倉一志=取材・構成・写真】
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック