都並敏史、11年ぶりの監督復帰。その先に見据えるJへの旅路(J論)

「football fukuoka」中倉一志

【INSIDE FUKUOKA】悔しかったら勝つしかない。情けなかったら乗り越えるしかない。ラスト10に残留をかける

INSIDE-FUKUOKA(USTREAM)は「福岡の町で頑張っている人たちを、福岡の町に住む私たちが応援しよう」をキャッチフレーズにお送りする福岡発スポーツ情報番組です。今週の放送は8/10(水)20:00からお送りします。2ndステージ第7節の大宮戦。何とも言えない悔しさが残る試合でした。「やりたいことはやれた。ただ結果だけが付いてこなかった」という井原正巳監督の言葉に、その無念さが表れます。しかし、もはや悔やんでいる時間はありません。反省すべきところを反省するのはもちろんですが、次にどうするのかが一番大事なところ。月並みなことばですが、気持ちを切り替えて、次の鹿島戦に臨むしありません。そんな福岡の様子を、いつものように、みなさんと一緒に、徹底して話し合いたいと思います。放送は、アビスパサポーターの部室、スポーツバー「ハッチ」から。公開生放送でお送りします。

【次回放送日時】8月10日(水)20:00~
【視聴URL】 http://www.ustream.tv/channel/inside-fukuoka1309
【配信内容】1.オープニング
2.アビスパ福岡 ラスト10試合に残留をかける
3.エンディング

MC/中倉一志(オフィスイレブン)
アシスタント/師岡咲季

「たった一発」。そんな言葉が思わず口を突く大宮戦でした。苦しい時間帯もありましたが、90分間で見れば福岡のゲーム。勝たなければいけない試合。冒頭の井原監督のコメントがすべてだったと思います。しかし、切れたらそこで終わり。無念さ、悔しさ、情けなさ、いろんな想いが交錯しますが、いまは、そんな想いを断ち切って前を向くしかありません。次節は強豪鹿島をホームに迎えての1戦。地力の差は否めませんが、あらゆる力を結集して勝点を取りに行くしかありません。そして、今日も愛するアビスパについて、皆さんと熱く語り、そして、次節に向けての鋭気を養いたいと思います。放送は、いつものようにスポーツバー「ハッチ」からの公開生放送。是非、是非、スポーツバー「ハッチ」に、ご来店ください。

※ゲスト、ならびに配信日の変更は、番組視聴ページ、Twitter、FACEBOOK等で告知します。
Twitter acount @nakakurahitoshi
FACEBOOK https://www.facebook.com/h.nakakura
※番組へのご要望、お問い合わせ、ゲストの方へのご質問等は、以下へメールでお寄せください。
inside-fukuoka@office-eleven.co.jp
企画・運営/株式会社オフィスイレブン

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック