【サッカー人気2位】急ハンドルを切るときの巧みさ。長谷川健…

「football fukuoka」中倉一志

【アビスパ’s Voice】「この状況を乗り越えるためには、どんなチームが相手であっても結果を掴んでいくしかない」/井原正巳

内容:練習後の共同囲み会見
日時:2017年9月21日(木)
場所:雁の巣球技場

◎井原正巳監督;
Q:熊本戦では石津選手をトップにして、坂田選手を左サイドで起用して、ポジション的には逆の起用になりましたが、その意図を教えてください。
「石津は、もともとトップの選手というか、大学の時からそうでしたし、石津のところから仲川へのホットラインと言うか、石津は間で受けるのがうまいし、相手のシステムを考えた中で、トップ下の位置で時間を作ったり、そこから攻撃のアクセントになってくれればというところも含めてのトップ下器用ではあります。

(残り 3921文字/全文: 4179文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ