「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【ニュース&レポート】アビスパへの熱い想いで溢れた感謝の集い。決意も新たに「J2優勝、J1昇格」を誓いあう

アビスパ福岡は1月30日、「2018アビスパ福岡新年感謝の集い」を開催。会場のグランドハイアット福岡「ザ・グランド・ボールルーム」は、今シーズンのアビスパの活躍を願うスポンサー各社、ファン、サポーターの熱気で包まれた。壇上に立った井原正巳監督は「優勝という二文字を常に意識しながら、1年間、頑張っていきたい」と挨拶。また選手を代表して挨拶した鈴木惇選手は「このメンバーで目標が達成できると思っている」と話し、J2優勝とJ1昇格への想いを語った。
また、この日は新ユニフォームの発表に合わせて、ユニフォームスポンサー6社を紹介。壇上に立ったそれぞれの代表者がアビスパを支える熱い想いを口にし、アビスパが着実に地域に根付きはじめていることが感じられた。
アビスパは3日から宮崎でキャンプを行ってチームの完成度を高め、26日に開幕するJ2リーグに備える。


アビスパ史上最長となる4年目を迎える井原正巳監督。今年は勝負の年。
※当日のコメントはこちら


2度目の復帰となる鈴木惇は、J1昇格を誓うとともにアビスパでプレーする喜びを語る。
※当日のコメントはこちら


市民球団アビスパを支える思いを語る高島宗一郎福岡市長


ユニフォームスポンサーを継続する福岡地所(株)の榎本一彦取締役会長


アビスパ福岡講演会の藤永憲一会長


アビチアJRからの花束贈呈。今年も元気に踊ってアビスパをサポートする


2018シーズンを戦うユニフォーム。今シーズンはヨネックスがチームを支える

【中倉一志=取材・文・写真】
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック