『サッカーパック』39メディアが1550円で読み放題

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【監督会見 天皇杯3回戦 札幌-福岡】「修正をして気持ちを切り替えてリーグ戦に臨んでいきたい」/井原正巳監督

天皇杯第98回全日本サッカー選手権大会 3回戦
日時:2018年7月11日(水)19:00キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/1,736人
結果:コンサドーレ札幌 4-0 アビスパ福岡
得点:[札幌]三好(12分)、ジェイ(59分)、チャナティップ(65分)、都倉(85分)

◎井原正巳監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日は天皇杯3回戦ということで、J1の札幌さん相手にチャレンジする機会をもらって、普段、リーグ戦に出場機会のない選手や、出場時間の短い選手が中心になりましたが、チャレンジしようということで試合に入りました。結果は0-4ということで非常に残念ではありますが、4点差がつくような試合ではなかったと思います。ただ、結果は0-4ということで、その内容も含めて、細かなところを突き詰めていかなくてはいけないなと感じています。最後のゴールを割るところは、今日は無得点に終わりましたし、惜しいところまでは行くんですけれども、J1との差であったり、もちろん、最後の崩しのところというのは、もっともっと上げていかなくてはいけないなと思っています。失点に関しては、すべて自分の指導不足に尽きると思いますが、同じような失点が4点続いていることは、我々チームにとっては非常に重症だと思うし、これは天皇杯ではありますが、リーグ戦に尾を引かないように、しっかりと修正をして、気持ちを切り替えてリーグ戦に臨んでいきたいと思います」

Q:リーグ戦に向けてという観点で、この天皇杯から直すところというのは、どんな部分でしょうか?
「中3日で讃岐戦を控えていますし、まず今日出たメンバーはしっかりとコンディションを整えるために、今日からいい準備をしようというのは先ほどチームにも話をしました。また、出場時間の短い選手や、今日出ていないメンバーは、ホームでの讃岐戦で絶対に勝点3を取りに行くために最高の準備をしようということを話しました。内容の部分の修正というのは、今日の相手と次の讃岐さんは、スタイルも、サッカー自体も、選手の質も違いますけれども、基本的なところのミスから、かなり失点をしていますので、そこはチームとして修正をしていきたいと思います。本当に単純なミスであったり、ラインの駆け引きであったり、失点場面を見れば本当に安い失点ばかりだと思うので、そういうところは、私の普段の指導を含めて、これからもっともっと厳しくやっていく必要があるのかなというふうには思っています」

Q:後半、かなり前へ出て行く姿勢が強くなったように思いますが、ハーフタイムでは、どのような部分を修正されたのでしょうか?
「立ち上がりに少し押し込まれる形もありましたけれども、前半も、そんなに悪い入りではなかったと思うので、前半の形をそのまま続けても良かったのですが、後半は少し前の形を変えて、相手のCBが両ワイドにSB気味に開いてビルドアップしてくるところをしっかりと抑えること、また、もう少し前から制限をかけられるように変更して、それがいい形ではまって、我々の攻撃がかなり前へ行けるような形は作れたと思います。いい縦パス等も入ったので、その辺は狙い通りだったかなと思っています。ボールを動かしながら相手のボランチの脇を狙える縦パスもかなり入っていたとは思うので、そのチャンスをいい時間帯に決めきれていればというところと、そこからの最後のシュートというところでした。シュートもかなり打っているとは思いますが、打たされている感じもあったので、もう一つ深く入っていくような、そういう工夫というところも、後半は良くはなりましたけれども、修正しきれなかったところかなと思っています。ただ、攻撃的な姿勢というものは全員が持っていてくれたと思いますし、ゴールは割れませんでしたが、いいところはもちろん継続し、修正しなければいけないところは、しっかりとこの3日でやっていきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック