『タグマ!サッカーパック』全35メディアが読み放題

「football fukuoka」中倉一志

【レポート J2第36節 福岡-岡山】城後寿の2戦連続弾も一瞬の隙が命取り。勝利を目指した戦いは1-1のドローに終わる。

2018明治安田生命J2リーグ 第36節
日時:2018年10月6日(土)17:03キックオフ
会場::レベルファイブスタジアム/7,444人
結果:アビスパ福岡 1-1 ファジアーノ岡山
得点:[福岡]城後(20分)、[岡山]ジョン チュングン(45分+4)

アビスパ福岡は6日、ホーム・レベルファイブスタジアムでファジアーノ岡山と対戦。立ち上がりから主導権を握るアビスパは20分。ドゥドゥのクロスに城後寿が頭で合わせて先制。しかし、大分がジョン チュングンを投入してロングボール主体の攻撃に変えると、これに対応できずに防戦一方。前半のアディショナルタイムに同点ゴールを許し、攻め合いとなった後半もゴールを奪えず。1-1のドローで試合を終えた。アビスパは次節(10/13)、アウェイ維新みらいふスタジアムでレノファ山口と対戦する。

(残り 1817文字/全文: 2173文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題