【サッカーパック人気2位】 なぜ主審は第四の審判員からの進言でラストタッチを仲川とジャッジしオフサ…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【TRM 鳥栖-福岡 監督コメント】「逆転することは難しいが、それができて非常に良かった」/カレーラス監督

内容:TRM サガン鳥栖-アビスパ福岡
日時:2019年2月16日(土)14:00キックオフ(45分×2本)
場所:駅前不動産スタジアム
結果:サガン鳥栖 0-1、2-0 アビスパ福岡

◎ルイス カレーラス フェレール監督;
Q:試合を振り返って
「前半に関しては、アビスパ福岡の方が非常にいいプレーをしていたという感想です。インテンシティがあり、ボールをしっかりと動かして、しっかりとチャンスを作り上げていました。それによって我々は彼らにPKを与えてしまい、それを彼らはしっかりとゴールに結びつけました。
後半は打って変わって、ポジションを修正して攻撃を仕掛けました。そして後半は選手それぞれが、より責任感を持ってプレーしたことで内容が変わってきました。非常に難しい状況を打開できたと考えています。こういったように逆転することは非常に難しいですし、それができたということは、非常に良かったと思います」

Q:今日は駅前不動産スタジアムに名称が変わっての初めての試合、そして観客を入れての初めての試合でした。今日の雰囲気はどのように感じられましたか?
「非常にいい感覚でやれました。スタジアムが工事中でスタジアム全体にお客さんに入っていただけなかったのは残念でしたが、非常にい雰囲気の中で試合ができたと思っています」

Q:開幕に向けて状態も上がってきていると思います。今後、どのような課題を持って臨んでいこうと思われていますか?
「意欲と、どのようなインテンシティを持ってゲームに入っていくか、そういったところを来週のゲームまでに仕上げていきたいと考えています。ゲームでは誰もがミスをするものです。大切なことは、そのミスをどうするのかではなく、選手自身が常に意欲を持ってトライすることで、それはどのゲームでも必要になってくると思います。トライする意欲のないミスは受け入れることはできません。蹴るサッカーは好みません。彼らがイメージを持ってしっかりとトライするということをやらせていきたいです」

Q:キャプテンについてですが、基本的にはトーレス選手を中心に考えていらっしゃるのでしょうか?
「もちろん可能性は十分にあると考えています。誰がキャプテンをやるか私は決めていますが、まだ選手たちには伝えていません」

Q:今日はCBに藤田選手を起用されましたが、これは藤田選手の特長を考えてのことなのか、それとも、他の選手のコンディションを考えての起用だったのでしょうか?
「藤田優人選手はプレシーズンで非常にいいプレーをしていました。また、CB陣に非常に怪我人が多く、高橋祐治選手、ニノ選手、彼らの怪我によって藤田選手がCBでプレーせざるを得ないという事情もありましたが、彼はプレシーズンで非常にいい働きをしましたから、もちろんCBとしても考えられますし、SBとしても考えられると思います」

Q:CBとしては身長がそれほど大きくはありませんが、その辺りはいかがですか?
「身長だけがすべてではありません。彼は私が要求したことを全うしてくれますし、スピードも速く、力強くプレーできます。そういったところが彼の長所です。彼に高さが備わっていれば、もっといい選手として評価されているでしょうが、今の彼には高さは必要ありません」

Q:後半にポジションを変えられたということですが、どのように修正して攻撃に転じられたのでしょうか?
「選手たちに一番最初に伝えたことですが、システムは関係ないと考えています。システム自体は守備においても、攻撃においても関係ないと私は考えています。大事なのは守備におけるポジショニング、攻撃におけるポジショニングです。サッカーは人生と同じで、状況に適応することが非常に大事です。それは相手の状況によって変わるものです。しかし、私たちが相手のプレーを変えることはできませんから、ハーフタイムに修正を加えることで上手くいくようになりました」

Q:開幕白星スタートに向けての意気込みを聞かせてください。
「第1節の名古屋戦に向けて自分たちが何をしなければいけないのか、選手たちは分かっているはずなので、それをピッチで表現できるように、しっかりと準備していきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック