【サッカーパック人気1位】 北野監督の初陣は衝撃的な大敗。4失点の対価に得た成果をもとに立ち上がる…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第14節 福岡-甲府】「今日は結果が示すように甲府が勝つべき試合だった」/ファビオ ペッキア

2019明治安田生命J2リーグ 第14節
日時:2019年5月18日(土)14:03キックオフ
会場::東平尾公園博多の森陸上競技場/3,578人
結果:アビスパ福岡 0-3 ヴァンフォーレ甲府
得点:[甲府]横谷繁(13分)、ドゥドゥ(62分、69分)

◎ファビオ ペッキア監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「今日は結果が示すように甲府が勝つべき試合でした。我々はもっとできたとは思いますが、結局、このピッチでセットプレーからしか点を取ることができませんでした。まずは、甲府におめでとうと言いたいと思います」

Q:今季初の連敗です。敗因はどういったところにあったと思いますか?
「今日は我々のサッカーができずに負けてしまいました。前節の東京V戦は、我々のサッカーができたにも拘わらず敗れてしまいました。これがサッカーです」

Q:チャレンジしないというか、単調だというか、安全に、安全にプレーしているように感じたのですが、監督はどのように捉えていて、それを改善するためにどのように働きかけようと思われていますか?
「第一にピッチの中で勝利に対する強い意欲を持たなければいけません。我々よりも甲府の方がフィジカルが強いので、そういう相手に対しては、まずは気持ちを持って戦うことが必要ですが、それができませんでした。後半は気持ちを入れて戦ったと思いますが、少し遅かったかもしれません」

Q:今日は木戸選手を1トップで起用しましたが、ヤン選手手はなく木戸選手だった理由を教えてください。
「今週はヤンは1日しかトレーニングをしていないので、皓貴をトップに使いました」

Q:城後選手が、前半の途中から高い位置でプレーしましたが、その狙いはどこにあったのでしょうか?
「私たちは試合をコントロールしていながら、なかなか点が取れないという状況が続いていたので、それを打開するために城後選手を前で起用しました」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック