【サッカー人気2位】秋葉忠宏監督「コンパクトを維持して守備…

「football fukuoka」中倉一志

【レポート J2第19節 徳島-福岡】どのように戦うのかを意思統一できずに徳島に1-2で敗れる。前半の2失点がすべて

2019明治安田生命J2リーグ 第19節
日時:2019年6月22日(土)18:03キックオフ
会場:鳴門・大塚スポーツパーク ポカリスエットスタジアム/5,451人
結果:徳島ヴォルティス 2-1 アビスパ福岡
得点:[徳島]岸本武流(19分)、杉本竜士(33分)、[福岡]ヤン ドンヒョン(55分)

アビスパ福岡は22日、アウェイ・鳴門大塚スポーツパーク ポカリスウェットスタジアムで徳島ヴォルティスと対戦。前節同様に3バックで臨んだアビスパだったが、チームとしての一体感が感じられないまま17分に徳島に先制点を許すと、33分に名も追加点を奪われて前半だけで0-2。後半に入って前への意識を高くしたアビスパは55分に1点を返し、なおも攻め続けたが、徳島の堅い守りを最後まで崩せず1-2で敗れた。アビスパは次節(6/30)、ホーム・レベルファイブスタジアムでレノファ山口対戦する。

(残り 1941文字/全文: 2321文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ