【サッカーパック人気2位】 「勝つことと、面白いサッカーをやるということ。それを両立できる監督はJ…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【フォトレポート】大事なのは常に目の前の試合。長崎戦の教訓を活かして栃木戦で勝点3を取りに行く

また新しい1週間の始まり。前だけを向いて準備を始める。

久藤清一監督の指導にも力が入る。残る試合は11。力のすべてを出し切る。

守備で強調されているのは、しっかりと寄せることと連動して奪いに行くこと。

神戸から期限付き育成型移籍でやって来た初瀬亮(左)。アビスパに何をもたらすか?

トレーニングが進むにつれて当たりも激しくなる。

真夏に戻ったような猛暑の中でのトレーニング。水分補給は欠かせない。

一段と気合が入る森本貴幸。悔しさを晴らすにはゴールを挙げるしかない。

猛暑の中、久藤監督の檄を受けて激しくボールを奪い合う。

いまやチームの中心。中盤を支える加藤大(右)。

久藤監督がこだわるもう一つのポイントは「攻」から「守」への切り替え。

次節は出場停止の實藤友紀。けれどもチームの一員としてやれることはある。

出場機会が少なくても常に100%で準備する。それがチームを強くする。

競り合う輪湖直樹と石原広教。

セカンドGKがいい準備をしているからこそ、正GKの活躍がある。

ゴールに鍵をかける守護神・ジョン セランテス(左)。

次節は重要な意味を持つ栃木戦。アウェイと言えども勝点3しかない。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック