【サッカー人気4位】【トピックス】短期集中連載『永井秀樹、…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第35節 福岡-琉球】「決めることができなかったというのがひとつの要因」/久藤清一監督

2019明治安田生命J2リーグ 第35節
日時:2019年9月28日(土)16:08キックオフ
会場:博多の森陸上競技場/5,015人
結果:アビスパ福岡 0-1 FC琉球
得点:[琉球]上原慎也(90分)

◎久藤清一監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「ホームゲームでたくさんのサポーターが来ている中で、勝てなかったことはすごく悔しく、残念です。前半は狙いとしていたサイドからの攻撃でチャンスを作れていたんですけれども、決めることができなかったというのがひとつの要因だと思います。あとは後半のところで、やはり、もう一回パワーを持って押し出したりすることができなかったなという印象と、あとは大事なセカンドボールのところで反応できずに失点というところが、少し残念です」

Q:後半はほとんど攻められなかったというか、相手に押し込まれたままになってしまいましたが、その要因はどのあたりにあったと考えていらっしゃいますか?
「攻められなかったということはなかったと思うんですけれども、サイドからCBのところまでは持って行けたんですけれども、そこからの動きが少しなくなったかなと感じています」

Q:前半のチャンスを決めきることができなかったというのは、どういったところが課題なのでしょうか?
「質もそうですし、タイミングのところを合わせないといけないのかなとは思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック