【サッカー人気5位】仙蹴塵記×KAWAJIうぉっちベガルタ…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第37節 福岡-新潟】「決めきれなかったところは反省して次につなげたい」/吉永一明監督

2019明治安田生命J2リーグ 第37節
日時:2019年10月19日(土)14:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/6,655人
結果:アビスパ福岡 2-1 アルビレックス新潟
得点:[福岡]前川大河(9分)、篠原弘次郎(60分)、[新潟]レオナルド(78分)

◎吉永一明監督(新潟);
Q:試合を振り返って
「お疲れ様です。新潟からサポーターが来てくれた中で、とにかく、我々はもう勝ち続けて何が残るかという状況でしたので、本当に、このゲームは勝ちたかったというところです。ゲームに関しては、一つのミドルシュート、そこでボールを受けられて、侵入されて、足を振られたというところ、あのシーンがちょっと大きかったかなと思います。そのあと、少し我々にボールを持たせてくれるようなシーンがあったんですけれども、攻撃が上手く行かず、後半からメンバーを変えて、その辺はだいぶうまくいったと思いますし、チャンスも作れたと思うんですけれども、決めきれず、逆にセットプレーから失点してしまったというところですね。本当に最後は追いつくチャンスもあったと思うんですけれども、決めきれなかったところは、また反省して次につなげたいと思います。本当に残念ですし、サポーターに申し訳ないなというところです」

Q:秋山選手はプロ初出場となりましたが、後半の頭から起用した狙いと、どのようなプレーを期待されていたのか教えてください。
「いまも総括の中で話した通り、ボールを持っているけれども、なかなか有効にボールを動かせなかったところが前半はあったので、そこは彼に期待したところですね。攻撃のテンポも良くなったと思いますし、真ん中に上手く侵入してというところ、ボールの出し入れも含めて、そこは良くやってくれた方かなと思っています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック