サッカーライター大忘年会12/26(木)渋谷で開催

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第41 福岡-金沢】「先制点が欲しかった中でミスから失点というところが大きかった」/久藤清一

2019明治安田生命J2リーグ 第41節
日時:2019年11月16日(土)13:03キックオフ
会場:レベルファイブスタジアム/6,068人
結果:アビスパ福岡 0-2 ツエーゲン金沢
得点:[金沢]金子昌(33分)、山根永遠(88分)

◎久藤清一監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「まずたくさんのサポーターの前で、残りホーム2戦という中で、まず1戦目を勝てなかったというのは、すごく申し訳なく思います。やはり先制点が欲しかった中で自分たちのミスから失点というところが大きかったのかなと思います。フォーメーションを変えて、何とか前からプレスをかけて点を取りに行ったんですが、なかなか上手くいかなかったなというところで、またミスから失点してしまい、残念なゲームでした」

Q:残り1試合になり、これで今季の連勝もなくなったという現状もありますが、ホーム最終戦は鹿児島との対戦で、どのような戦い方を見せなければいけないなとお考えでしょうか?
「どのような戦い・・・。やはりハードワークをして、しっかりと戦う姿勢を見せる、感動を与えられるような試合をしたいとは思います」

Q:今日の試合後には選手たちにどのような話をされたのでしょうか?
「あとホーム1試合なので、そこは必ず勝ちに行こうという話をしました」

Q:監督とは見方が違うかもしれませんが、一人ひとりは頑張っていたとは思いますが、チームとして仲間のサポートが遅れたりというような、一つの糸で結ばれていないような印象を持ちました。監督は、その辺りはどのようにご覧になっていましたか?
「金沢さんのプレスのところが強かったというのがあるんですけれども、もう少し背後を狙うところ、シンプルにやるという部分で、ハーフタイムにも言ったんですけれども、もう少しチャレンジしてもいいのかなと。臆病になっている部分があったので、縦パスであったり、背後のところだったりというのを、どんどん入れて行こうというところで、そこは後半は少しできたと思うので、はい。次に向けて、もう一つやっていければいいかなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック