【サッカー人気2位】【ガンバうぉっち】東口目線:ガンバはマ…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【フォトレポート】実力の高さと層の厚さはクラブ史上トップクラス。J1自動昇格を狙う戦力は整った


ボール奪取からの前ヘの推進力が魅力の重廣卓也。そのプレーでベスト電器スタジアムのサポーターを沸かす。


「日本でプレーしていることが信じられないほど」と長谷部監督が話すエミル サロモンソン(左)。右サイドからの正確なクロスが武器。


決定力不足解消の切り札・フアンマ デルガド(右)。日本での4年目のシーズンを迎え、さらなる爆発が期待されている。


怪我からの回復も順調。石津大介の復帰はアビスパにとっては大きな力。


分析を担当する中島円野(かずの)コーチ。明晰な頭脳で相手を丸裸にする。


ピッチに響き渡る日本語でのコーチングでお馴染み。2年目を迎える守護神・セランテスに死角はない。


レノファ山口からやってきた村上昌謙。昨年はレンタルで水戸でプレー。長谷部サッカーを伝える重要な役割も果たす。


ベテラン杉山力裕も健在。仲間と切磋琢磨しながらポジション奪取を狙う。


リーグ戦の出場経験はないものの着実に力を付けてきた。真摯で、そして強気な姿勢で山ノ井拓己はレギュラーポジションを狙う。


4人体制のGKを指導するのは昨年に引き続き塚本秀樹GKコーチ。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック