【サッカー人気2位】【J1第4節:横浜F・マリノス vs …

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第2節 琉球-福岡】「勝点を取ったが勝点3に届かなかったというように感じている」/長谷部茂利

2020明治安田生命J2リーグ 第2節
日時:2020年6月28日(日)18:35キックオフ
会場:タピック県総ひやごんスタジアム
結果:FC琉球 1-1 アビスパ福岡
得点:[琉球]阿部拓馬(32分)、[福岡]フアンマ(50分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「ゲームそのものは追いついて引き分け、勝点1をもぎ取ったというような形ですけれども、失点のところ、得点のところ、もう少し多くチャンスを作るところとか、もう少しできるんじゃないかという期待もあったので、勝点を取ったのですが、勝点3に届かなかったというように感じています。ただ、この再開に向けて、感謝の気持ちと自分たちの積み上げてきたトレーニングを多少なりとも出せたのではないかなというところはあります。けれど、ただただ、もっともっと良くして勝点3を取れるようにやっていかなくてはいけないと思っています」

Q:前半は自分たちのペースが握れなかったというか、アビスパらしさが出せなかった印象がありますが、その要因と、後半どのような修正を加えて引き分けに持ち込んだのか、2点について教えて下さい。
「まずは入りのところで一番最初のキックも含めて、全体的に前向きにプレーできませんでした。それが我々の色なんですけれども、そこが出せなかったことから、相手にボールを拾われること、つながれることも含めて、我々のペースではなかったというよりも、琉球さんが自分たちのペースに持っていった、そんなふうに感じています。
後半への修正ですけれども、前半やっていたことをもう少し精度高くやろうよということと、ミーティングも含めて準備してきたことができるんじゃないか、相手の守備のところで崩し方なり、何点か指示しました」

Q:今日は非常に蒸し暑い中、そしてリモート応援も含めて独特の雰囲気の中で試合が行われましたが、そういうやりづらさのようなものは何か感じられましたでしょうか?
「当然、ファン、サポーターの声援を受けてプレーしているというのを感じる中で、選手たちは難しかったと思います。ただ、コーチング、指示などについては、選手同士、コーチングスタッフからいろんな声が飛ぶ中で、ジャッジも含めて、もう少し自分たちが冷静に、いい状態で、いいプレーをするというか、そこにもう少し焦点をあてて試合をするべきだったと感じています。ジャッジに左右されるのではなくて、自分たちがいいプレーをするために、試合に勝つためにどうしたらいいのかということを考えていかなければいけないと感じましたし、選手にも話しました」

Q:蒸し暑さについてはいかがでしたか?
「そうですね。私も暑かったですし、選手たちはそうとう暑かったと思います。風が吹いていると多少なり涼しくなるという話も聞いていたんですけれども、風も途中で止みましたし、難しい環境だったなと感じています」

Q:後半、守備を崩すために戦略を変えたということでしたけれども、もう少し具体的に教えていただいてもいいでしょうか?
「スペースを使って外してというところですね。連携も良かったですし、普段から練習していたようなプレスの共有だとか、前に出ていくところだとか、そういうところを確認しました。何をお聞きになりたいのかは大体分かりますけれども、戦術のところなので、これ以上は勘弁いただければと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック