【サッカー人気5位】サッカーに大切な「●●優位」 仙台戦2…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第2節 琉球-福岡】「攻撃面をもう少し機能させられれば勝てたのではないか」/樋口靖洋

2020明治安田生命J2リーグ 第2節
日時:2020年6月28日(日)18:35キックオフ
会場:タピック県総ひやごんスタジアム
結果:FC琉球 1-1 アビスパ福岡
得点:[琉球]阿部拓馬(32分)、[福岡]フアンマ(50分)

◎樋口靖洋監督(琉球);
Q:試合を振り返って
「まずJリーグがこういう形で再開できたということで、関係者のみなさんとともに喜びを分かち合いたいと思います。それとこの再開に向けて最大限の努力をしてくださった医療関係者のみなさま、そしてJリーグに関わるすべてのみなさまの努力があって、サッカーのある日常がまた戻ってくる、そういうきっかけになったと思います。改めて、この場をお借りして感謝申し上げたいと思います。ありがとうございました。
ゲームの方ですが、4か月の中断期間があって、僕たち沖縄という土地柄では、なかなかトレーニングマッチが組めないという状況の中でホームゲームを迎えて、その辺の実践の感覚、実践のゲーム体力というところが、どこまで90分間やれるのだろうかというのが、一つの課題でした。ただゲームをはじめてみると、選手の集中力、テンションの高さなど、準備してきたことが出せたと思います。内容的には、お互いが自分たちの時間を作り、そういう時間を行ったり来たりしながら90分間を過ごしたのかなと思います。その自分たちの時間で得点が取れて、相手の時間帯の中で失点してしまいました。ただ5人の選手を使いながら、チームが90分パワーアップしながらゲームを進めるということに関しては手応えを感じています。これから本当にベンチに入っている18人で戦っていくというシーズンになっていくと思いますので、その部分を意識しながら次のゲームに向かっていきたいと思います」

Q:まず今日の福岡戦の1対1という結果を、率直にどのように思っていらっしゃいますか?
「一言で言えば勝ち切りたかったという想いです。守備面で相手になかなかやらせない時間を作れただけに、攻撃面をもう少し機能させられれば、もう1点取って勝てたのではないかという想いがあります」

Q:今日はフアンマをいかに抑えるかというのが重要なポイントだったと思いますが、その中で今日は福井諒司をCBで起用しました。彼のスキル、経験値の高さが見られたと思います。彼の評価をお願いします。
「この中断明けのトレーニングを見ていると、非常にコンデイションも良くて、集中力も高くて、彼の対人の強さというところはフアンマに対しても有力であるということで起用しましたが、思っていた通りのプレーをしてくれたということで高く評価しています」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック