【サッカー人気2位】【維新の風】森晃太は名古屋、甲府からの…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J2第3節 福岡-長崎】「チーム全体で頑張った結果、勝利することができた」/イバルボ/富樫敬真

2020明治安田生命J2リーグ 第3節
日時:2020年7月4日(土)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム
結果:アビスパ福岡 1-2 V・ファーレン長崎
得点:[福岡]鈴木惇(49分)、[長崎]富樫敬真(80分、90分+4)

◎ビクトル イバルボ選手(長崎);
Q:試合を振り返って
「厳しい試合だったと思います。両チームとも良く戦いましたが、最後に自分たちが勝利できて嬉しいです」

Q:かなり厳しい状態でチャンスもあまり作れていなかったんですけれども、ビクトル選手の強引な仕掛けで突破口が開けたと思います。仕事ができた率直な想いを教えてください。
「監督から求められたことをきちんとやれて、チームメイトといいコンビネーションを作ることができ、最後はとてもいい試合になったと思っています。厳しい試合でしたけれども、私と(富樫)敬真が試合に入って、チーム全体で頑張った結果、勝利することができたので、本当にうれしいですね」

Q:これで3連勝です。いよいよ次はサポーターがスタジアムに戻ってきます。そこに向けての意気込みをお願いします。
「次の試合からサポーターがスタジアムに来れることは嬉しいことです。いつもサポーターが声援を送ってくれていることを私は知っていますし、その応援には感謝していま。その前でいい試合ができればと思います」

Q:1点目のアシストはすごくアイデア溢れるプレーでした。どのようなイメージを持ってプレーしていたのか教えてください。
「1点目のアシストは、私にいいボールを入れてくれて、そのあと私を呼ぶ声が聞こえたので、ボールを出した方がいいと判断しました。いいアシスト、すごくいいプレーができたと思います」

Q:2試合とも途中から入って決勝点をアシストする形になりました。その点を振り返っていかがでしょうか?また富樫選手が練習からいいフィーリングが合っていたのが決められた要因と話されていましたが、そのプレーについての感想を聞かせてください。
「もちろんスタメンで出たいという気持ちは持っています。けれど、長崎には上手い選手がそろっていますし、11人のスターティングメンバーは監督が決めることです。ベンチスタートであれば、いつでも必要な時に試合に入る準備をして、監督から求められたことを実行するだけです。とにかく、チームメイトと一緒になって毎試合戦っていきたいと思っています。また、敬真とは練習の時から一緒に組むことも多いですし、これからも今日のように一緒にピッチに入ることもあると思いますが、いいコンビネーションを作ることができると思っています」

◎富樫敬真選手(長崎);
Q:試合を振り返って
「なかなか固い試合から入って、アビスパさんのセットプレーでやられてしまいましたが、前半からインテンシティの高い試合だったので、後半から落ちてくるかなという予想をしていた中でビクトルが入って、ビクトルのスペースを作ることと、シャドーの選手のスペースを作るように動くことから始めて、いろいろと自分たちの流れに持っていけた後半だったので、それは狙い通りだったので良かったです」

Q:いつもは先発だと守備のところを意識しながらというゲームだったと思いますが、今日は追いかける立場で初めての途中出場でした。自分の気持ちの面で変えたようなところがあったら教えてください。
「1点負けている状態だったので、守備をするというよりも、相手が疲れているのは分かっていたので、より疲れさせるというか、ラインブレイクとスペースを作ってどんどん押し込めるようにということと、フィニィッシュのところを残り時間でどれだけやれるのかというところを意識してやりました」

Q:劇的な2ゴールでした。富樫選手にとっての長崎初ゴール、そして勝利を決定づけるゴールでした。率直な感想を聞かせてください。
「公式戦では待たせた形になってしまったんですけれども、取れてよかったですし、結果として僕が取りましたけれども、本当に前半からハードワークしてくれたオフェンス陣のおかげで相手の守備が疲れていた状況だったので、みんなで取った点だと言えます。ビクトルが本当に頑張ってくれたというか、いいコンビネーションでやれたというのは良かったと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック