【サッカー人気1位】鹿島の歯車はなぜ回り始めたのか? デメ…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第11節 福岡-東京V】「選手たちがプラン通り、トレーニング通りにやってくれた」/永井秀樹

2020明治安田生命J2リーグ 第11節
日時:2020年8月12日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,655人
結果:アビスパ福岡 1-3 東京ヴェルディ
得点:[東京V]佐藤優平(11分)、小池純輝(44分)、佐藤優平(57分)、[福岡]遠野大弥(74分)

◎永井秀樹監督(東京V);
Q:試合を振り返って
「個人的には慣れ親しんだ九州という場所で、さらに1年間ではありますがプレーさせてもらったアビスパ福岡というチーム、そして我々よりも上の順位で非常に手堅いサッカーをされているアビスパさんに対して、短い準備期間ではありますが、しっかりと準備してきたことを、今日の試合に関しては、本当に選手たちがプラン通り、トレーニング通りにやってくれたことが、改めて素晴らしいと思いますし、今日の勝因だなと感じています。そうは言いましても、我々はまだまだ成長しなければいけませんし、彼らのポテンシャルを考えると、これに満足することなく、さらにもっと高いレベルで試合ができるように、また明日から選手たちと準備をしていきたいなと思います。前節の琉球戦で少し消化不良気味だったところのストレスみたいなものを、今日の試合にすべてぶつけようということで始まったところで、ゲームの入りからすごくいいゲームをしてくれたなと思います」

Q:先制点の場面もそうでしたが、今日の試合では自分でボールを運ぶんだという意識が目立っていたと思います。これはかなり意識付けされた部分なのでしょうか?
「そこはかなり伝えてきました。特に我々は45年組と呼んでいるんですけけれども、永井(監督本人)、藤吉(コーチ)、保坂(コーチ)という、現役当時、日本で一番ドリブルが好きな3人が指導者としてやらせてもらっているチームが、なんでこんなにドリブルが少ないんだという話のくだりから、何か選手たちは非常に真面目で、我々の要求にきちんと答えようとしてくれていて、それを形通りにやろうとしているところを、ある意味、ドリブルだったり、自分の判断で仕掛けていくという型破りなところをかなり伝えました。選手たちは、さっそく今日の試合から、スクエアゾーンでもそうですし、最後のフィニィッシュゾーンのところでも、自分で仕掛けていくという姿勢がすごく見えたので、素晴らしいなと思います」

Q:キャプテンマークを佐藤優平選手が巻きましたけれども、彼に腕章を託した理由は何でしょうか?
「(藤本)寛也が抜けて、今日は守備の要である高橋祥平もいない、そして前節の琉球戦が少し消化不良気味であった中で、この試合をスタートから飛ばしていってほしいという想いがあり、一番先頭を切って引っ張っていってくれるのが優平なんじゃないかというところで彼にキャプテンマークを託しました。期待通りといいますか、仕事をしてくれたと思います。改めて素晴らしい選手だと思いました」

Q:高橋祥平選手は故障でしょうか、それとも別の判断があったのでしょうか?
「いろいろです。企業秘密です」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック