【サッカー人気5位】「これだけひとつのポジションでケガ人が…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第11節 福岡-東京V】「自分たちのやりたいことが表現できなかったと感じている」/長谷部茂利

2020明治安田生命J2リーグ 第11節
日時:2020年8月12日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,655人
結果:アビスパ福岡 1-3 東京ヴェルディ
得点:[東京V]佐藤優平(11分)、小池純輝(44分)、佐藤優平(57分)、[福岡]遠野大弥(74分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「悔しい敗戦になりました。今日こそ勝とうという意気込みで試合に入っていきましたが、自分たちのミスからの失点というところ、ここでやられてはいけないというところでの失点、0-2で折り返した前半、また、『よしここから』という後半のところで簡単に失点してしまいました。少し盛り返しかけたんですけれども、3失点しては試合には勝てない、そのように思います。流れを相手に渡してしまったような形でした」

Q:前半はいい場面もあったと思うんですけれども、チーム全体のトーンが上がらないというか、淡泊というか、淡々と進んでしまったような印象があります。監督はどのような印象を持たれていますか?
「ボールを取れそうなところで取れなかったというのが数多かったなと思います。また取った後というのは、守備から攻撃に移る大事なところだと思うんですが、そこのプレーを、もう少し良くする、改善していかなければ、カウンターであったり、自分たちがボールを握るであったり、そういうことにつながっていかないのかなと思います。一生懸命にやりながらだと思うんですけれども、もう少し余裕を持ちながら、自分たちがやりたいことを表現していくというところに持っていけたらよかったんですけれども、淡々としているというよりは、少し自分たちのやりたいことがやれなかった、必死にやってくれているんですけれども表現できなかったなと感じています」

Q:今日は藤井選手が初先発、初出場でしたが、ボランチで起用した狙いは何だったのでしょうか?
「攻守に渡って彼のトレーニングから積み上げてきたものを出してもらうということです。ボールを奪う能力、奪った後に味方に付ける、そういったところを出してもらいたかったという狙いでした」

Q:それは東京ヴェルディの特徴を考えてのボランチ起用だったのでしょうか?
「そうですね。今日は相手がいつもと形を変えてきたように感じたんですけれども、そこに対して、我々は戦略的に藤井を右のボランチで使いました」

Q:中2日で試合がやってきます。これからも休む間もなく試合が続いていきますが、敗戦からの次への切り替えというのは、どのような形で考えていらっしゃるのでしようか?
「選手たちにも伝えたんですけれども、リーグ戦ですから負けたことを引きずらないように、気持ちを切り替えて『負けたけどなんだ、次行こうぜ』と話しました。ただ、改善するところはいくつかあると思うので、そこに対しては、練習は中2日でなかなかできないので、ミーティングも含めて、改善を図りたいなと思っています」

Q:先制点を奪われましたが、そのあと、セカンドボールを拾ってからの攻撃であったり、ヴェルディの縦パスを喰ってからの早い攻撃だったり、狙いは出ていたように思います。ヴェルディの攻撃に対する守備の狙いを、お話しいただける範囲で教えていただけますでしょうか?
「話ができる範囲という意味では、もう少し回数を多くしたかったですね。彼らの攻撃は、ある程度、把握はできていて、選手も把握していたんですけれども、ポジショニングだったり、パススピードだったり、そういうところで、先ほども言いましたけれども、取れそうなところで取れなかった、そういうふうに感じています。自分たちの戦術をここで話すことはしませんけれども、そういう狙いを持ちながら、ああいうチームに対してどういうふうに対応するのかというのは、見ていただいた形の通りです。そこから推測していただければ分かると思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック