【サッカー人気5位】解消された違和感と興梠の言葉 浦和がこ…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J2第15節 福岡-新潟】「一人ひとりが責任をもって戦わないといけない」/遠野大弥/増山朝陽

2020明治安田生命J2リーグ 第15節
日時:2020年8月29日(土)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,701人
結果:アビスパ福岡 0-1 アルビレックス新潟
得点:[福岡]エミル サロモンソン(17分)

◎遠野大弥選手(福岡);
Q:前半は思惑通りに試合を進めていたように思いますが、最終的には0-1の敗戦というところで、この試合をどのように振り返っていますか?
「チャンスは一杯あったので、やはり決められるところで決めなければいけないし、自分たちの持ち味であるアグレッシブさに少し欠いてしまったので、そこは改善していきたいです。口で言うのは簡単ですけれども、もっともっと、一人ひとりが責任をもって戦わないといけないですね」

Q:攻撃のところで言うと、前半は上手くひっかけて相手のゴール前まで行くシーンは多かったと思います。けれど、ペナまで行ったところで、どうやって点を取るのか、誰が点を取るのかというところが見えなかった印象があります。
「そこはもう練習から3人目の動きだったり、相手を外してシュートというのは日頃からやっていますし、そこへ行くまでも大事なんですけれども、最後のフィニィッシュの部分で、もっともっと、突き詰めていかないといけないと思います」

Q:試合がどんどん来るので練習で修正する時間がなかなかないと思いますが、ゴールのところを改善しないと勝ちが見えてきません。どんなところを意識して千葉戦に向かいたいですか?
「やはり一人ひとりが今日の反省を活かして、次に切り替えてやっていくことが大事ですし、僕も長所であるシュート意識の部分、シュートを枠に入れるという部分では、しっかりやっていかないといけないと思っています」

Q:チームは苦しい状況が続いていますが、とにかく前を向いていくしかないと思います。
「そうですね。まだまだ試合はありますし、まだ終わったわけではありません。でも、今日のようにいつも通りで終わっていては、このままいつも通りなので、今まで以上にという部分で、もっともっと次の試合で、そして1試合、1試合、成長していきたいと思います」

◎増山朝陽選手(福岡);
Q:前半は思通りに進めていたのはアビスパだったと思いますが、後半開始直後の失点で、全部がひっくり返ってしまったような試合でした。どのように振り返っていますか?
「決めるべきところで決められなかったということと、やろうとしていたことは間違っていなかったと思いますが、たった一つのカウンター、ふらっと出てしまった選手に対してカバーが間に合わず、後手になって簡単に失点したというのはもったいなかったと思います。負けるような試合展開ではなかったと思いますし、しっかりと前線は複数得点を取れるようにして、後方のサポートをしなければいけなかったなと思います」

Q:取るべきところで点を取るという意味では、前半は、ペナまでボールを運ぶ回数は多かったと思いますが、ペナから先でノッキングしたというか、どうやって攻めるのかはっきりしていなかった印象があります。
「相手も前ではやらせているけれども、ゴール前のスペースはすごくカバーしていたので、そこで無理やり個人技で仕掛けていくとか、ロングシュートを打つとかでもよかったと思いますし、無理に付けずに自分で持っていけるところは持っていってもよかったと思いますし、サポートが少なかったのかなというふうにも感じました。相手と被っている選手がいたので、サポートがいるように見えていなかったという状態だったので、そこは改善していかなくてはいけないなと思います」

Q:どんどん試合が来るので、練習であわせる時間はなかなかないと思いますが、とはいえ、攻撃のところを修正しないと、いい試合をしても勝てないという試合が続いてしまいます。そういったところで、まず千葉戦に向かっては、どんなところを意識して臨みたいと思いますか?
「今までなかなか合わなかったり、どこに欲しいとかいうところで合わなかったところもあったんですけれども、練習の中で、ジェスチャーであったり、手の角度であったりとか、監督のアドバイスをチームに落とし込むことで、今日は、いつもよりもミスなく前に運べていたと感じています。でもまだ合わない部分もあるので、千葉戦までに自分たちのイメージの共有を図らないといけません。お互いのコミュニケーションだったり、『こうしたい』『こうしてほしい』というのを、試合の中でも言っていいと思いますし、そういうことを増やしていって、自分のやりたいこと、相手がやりたいことというのを理解してプレーしていかないといけないのかなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック