【サッカー人気5位】解消された違和感と興梠の言葉 浦和がこ…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第20節 金沢-福岡】「いいプレーはたくさんある。このまま続けていければ大丈夫」/柳下正明

2020明治安田生命J2リーグ 第20節
日時:2020年9月19日(土)19:03キックオフ
会場:石川県西部緑地公園陸上競技場/2,331人
結果:ツエーゲン金沢 1-2 アビスパ福岡
得点:[福岡]ドウグラス グローリ(33分)、[金沢]加藤 陸次樹(34分)、[福岡]オウンゴール(75分)

◎柳下正明監督(金沢);
Q:試合を振り返って
「勝点3が取れなかったのは悔しい。狙いを持って攻守ともにやれていたので、非常に残念ですね。ただ、2点目、3反目が取れなかったのは、相手のゴールが近くなればなるほど、ばたばたした落ち着きのないフレーが見られて、それでチャンスをつぶしている。失点に関しては、以前から言っているように、ミスが2つ、3つと続くと失点すると。逆に自分たちのゴール前での落ち着きというものがあれば防げていたであろうと。それくらい、選手たちは狙いを持って攻守ともにやれたいたので良かったと思います。その落ち着きというのは言葉で言うのは簡単ですけれども、非常に。実際のゲームで落ち着きもってプレーするというのは難しいところがあるので、こういうゲームを続けながら身に付けていってもらえればなと思います。いいプレーはたくさんあるので、このまま続けていければ大丈夫だと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック