【サッカー人気4位】敗因はイージーミスなのか。ナーバスな心…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J2第24節 福岡-北九州】「大勢の人に試合を見てもらうのは幸せな環境」/前寛之/フアンマ

2020明治安田生命J2リーグ 第24節
日時:2020年10月4日(日)16:05キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/9,006人
結果:アビスパ福岡 2-0 ギラヴァンツ北九州
得点:[福岡]フアンマ(5分、72分)

◎前寛之選手(福岡);
Q:非常に難しい試合だったと思います。どちらかといえば、やりたいことをやっていたのは北九州だった印象もありますが、1点を取ってから2点目を奪うまで、どのような考えで試合を進めていらっしゃったのでしょうか?
「入りとしては北九州さんのCBとのミスマッチから点を取れたところは良かったです。ただ、そこから自分たちが引いてしまうという時間が長く続き、そこはきつい時間でした。ただ、そこで焦れずに0で試合を進めるというのは段々良くなっているところなので、慌てずに上島と話しながら試合を進めていました」

Q:相手を0で抑えたことが今日の勝因の大きな要因だと思います。細かくボールを動かされる中で、どのあたりを一番注意していたのでしょうか?
「中央の崩しと、あとはクロスの回数というのも北九州は多いので、クロスが上がる瞬間の中のマークだったりというのは気を付けていたポイントです」

Q:今日は今シーズン最多の9,006人の観客が入りました。これだけのサポーターの前で試合をするというのは気持ち良かったですか?
「気持ち良かったですね。入場者数の上限も少しずつ緩和されて、大勢の人に来てもらって、試合を見てもらうというのは幸せな環境だと思いました」

Q:苦しいゲームの中でも、しっかりと勝つという試合が9試合続いています。チームに力強さのようなものを感じますが、その辺りはどんな風に見ていますか?
「悪い時間にどうサッカーをするのかということは、僕自身よく考えているところであって、失点すれば当然、もっと苦しい試合になるし、0で抑えてチャンスを仕留める、試合に勝てるという可能性を残したいというところがあるので、たとえ内容が良くなくても、自分たちが勝点を積むチャンスをいかにして得るかというところは考えています。それができているからこそ、接戦のゲームが続いている中でも勝点を積み重ねていられると考えています」

◎フアンマ選手(福岡);
Q:苦しい状況を乗り越えて9連勝、順位も2位まで上げてきました。いまのチーム状況をどのように見ていますか?
「チームは開幕ダッシュができずに悪い時期を過ごしたこともありますが、それを乗り越えて9連勝したということは大きなことです。この順位は我々が目指していたところであり、やっとたどり着いた順位なので、これからも厳しい試合は続きますが、この順位をキープしていかなければという想いでいます」

Q:フアンマ選手のコンデイションも非常に上がってきた印象があります。
「勝てていない時も、今も、やろうとしているサッカーは変りありませんが、こうやって連続してゴールを取ったり、チャンスを多く作ったり、結果を残しているということは自分自身にとってもいいことではあります。けれども、選手としてやるべきことはずっと変わっていないので、これからもリーグが始まってから今までと同じように、プレーを続けていきたいと思っています」

Q:DAZNのインタビューでは、相手の身長が高くないCBのところを狙っていたというお話でしたが、その辺について、もう少し詳しく聞かせていただけますか?
「背が高かったり、低かったり、スピードがあったり、なかったり、いろんな選手がいると思いますが、戦うというところは変わらないので、自分が強くファイトしないと、どんな相手でも勝つことはできません。今日は身長の面でミスマッチがあり、そこを突くこともチームとしての狙いのひとつでしたが、自分の強いフィジカルを活かさないと勝てない、そういう強い気持ちでプレーしました」

Q:1試合2得点は今シーズン初めてですが、そこについての感想をお願いします。
「素直に嬉しいです。しかもチームの勝利に貢献できたことは、チームの一員として嬉しいことです。これからも同じように継続しなければいけないと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック