【サッカー人気1位】ブラウブリッツ無敗優勝に「オシムの一番…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第26節 新潟-福岡】「2失点後の残り15分はサッカーをさせてもらえない展開だった」/アルベルト

2020明治安田生命J2リーグ 第26節
日時:2020年10月14日(水)19:03キックオフ
会場:デンカビッグスワンスタジアム/5,774人
結果:アルビレックス新潟 1-2 アビスパ福岡
得点:[福岡]グローリ(14分)、[新潟]本間至恩(64分)、[福岡]福満隆貴(71分)

アルベルト監督(新潟);
Q:試合を振り返って
「前半最初の20分間、いい形でアグレッシブな形で試合をスタートすることができました。アビスパは前線からプレスをかけてきましたが、我々はそれを打開することができていたと思います。ただ、相手にCKから得点を許してしまいました。そして前半、我々も同点、逆転を目指して戦い、複数の決定的チャンスを作ることができていました。そして後半スタートに荻原(拓也)を左に投入し、(本間)至恩を中央でプレーさせるように変更しました。そこから左サイドから複数のチャンスを作れていたと思います。ただ、ゴール前のシュートのところはなかなか許してくれませんでした。その中で我々が同点に追いついたにも拘わらず、そのあと、相手のカウンターアタックによって2失点目をしてしまいました。そのあとは、試合をご覧になっていた方なら気づいたと思いますが、サッカーが続きませんでした。サッカーをさせてもらえませんでしたし、相手はサッカーをする気がありませんでしたし、審判もそれを許してしまった、そのような最後の15分だったと思います」

Q:福岡のプレスの強度やセットプレーの質というのは、アルベルト監督から見ても高いと感じられましたか?
「我々はいつもの通りボールを支配したかったです。けれども彼らはプレスとファールによってプレーを途切らせることを狙っていたかに思います。彼らはボールを保持するというよりは、直線的にゴールを目指すプレースタイルです。そしてセットプレー、そしてカウンターのところは彼らのストロングポイントだったと思います。セットプレーに関しては危険でしたし、そこから1失点してしまいました。けれども、我々もセットプレーから決定的なチャンスも作っていましたし、得点もしていましたので、そこは互角だったと思います」

Q:非常に悔しい敗戦だったと思いますが、どのように切り替えたいか、そして選手たちにはどのように声を掛けますか?
「当然、受け入れがたい敗戦でした。特に2失点目をした後の残り15分のところはサッカーをさせてもらえないという展開でしたので、そういう意味では、納得のいかない敗戦でした。選手には試合後に『まだ多くの試合が残されている』と伝えました。『我々は引き続き攻撃的なスタイルで戦い続けていこう』ということも選手たちに伝えました。そして、成長し続けることが重要であると。ただ今日のように勝負にこだわるサッカーをしていたアビスパに対して、やはり我々にもミスがあったので、細かいミスは修正していこうというメッセージを選手たちに伝えました」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック