【サッカー人気1位】ブラウブリッツ無敗優勝に「オシムの一番…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第29節 福岡-千葉】「1週間あるので、しっかり休んで次の5連戦に向かいたい」/尹晶煥

2020明治安田生命J2リーグ 第29節
日時:2020年10月25日(日)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/6,563人
結果:アビスパ福岡 1-0 ジェフユナイテッド千葉
得点:[福岡]松本泰志(10分)

◎尹晶煥監督(千葉);
Q:試合を振り返って
「早い時間帯に失点することによって難しい試合になってしまいました。選手たちは負けている状況の中でも、いろんなチャレンジをしてくれましたし、5連戦の最後の試合ということで、集中力が落ちる時間帯があるとは思っていましたが、失点以外のシーンでは集中してくれていたと思います。ただ、シュートまで持っていけるシーンは少なかったと思います。遠くまで多くの方々がいらっしゃったにも拘わらず、こういう結果になってしまったことは申し訳なく思います。次の試合まで1週間あるので、しっかりと休んで、次の5連戦に向かいたいと思います」

Q:最後のところでフィニィッシュに行けずに追いつけなかったという結果でしたが、この結果に首位のチームとの差が表れていると考えていいのでしょうか?
「大きな差はなかったと思いますが、序盤の失点は痛かったですし、それが差というように言えるのかもしれません。我々選手たちは失点以降、いろんなチャレンジをしてくれましたし、ペナルティボックスの中でもチャレンジをしてPKかというシーンもありました。そこは審判の判断ですから仕方のないことですが、そうしたことで流れが切れてしまったというところもありました。いずれにせよ、我々ができていないところは修正していかなければいけないと思いますし、今年はかつてないシーズンなので、こういう状況をいい経験にして、次の試合に向かっていくことが大事だと思います」

Q:攻撃の形を多く作ろうとしていましたし、見ていて、ここ3試合は徐々に積み上げてきたものが試合の中でも感じられました。監督も手応えを感じられましたか?
「もちろんワンタッチプレーやダイレクトプレーも悪くはなかったと思います。後半に(見木)友哉が入ってドリブルを仕掛けるのもそうですし、(矢田)旭もそうですし、そういうところは少しずつ良くなってきているとは思います。けれども、MFの選手の積極的な攻撃参加であったり、ミドルシュートであったり、そういう部分は、もう少しあっても良かったのかなと思います」

Q:後半開始から小島秀仁選手に代えて髙橋壱晟選手を入れましたが、その意図を教えて下さい。
「(小島)秀仁は少し身体が重く見えましたし、ボールに対する反応が少し遅かったと思ったので、それで活発な選手を入れようという判断に至り交代させました」

Q:高橋選手のパフォーマンスについては、どのように感じていらっしゃいますか?
「そんなに悪くはなかったと思います」

Q:早い時間に失点しながら、そこから崩れずに失点しなかった守備に関しては、今まで通りにできているということでよろしいでしょうか?
「相手はリードしていて、下がってカウンターを狙ってくる状況でしたが、そこに関してのリスク管理はできていたと思います」

Q:中盤の選手がもう少し積極的に攻撃参加してほしいとのことでしたが、たとえばクロスボールが上がった時に、もう少しペナルティエリアの中だったり、その手前のスペースに、思い切りよく入ってほしいというような感じはありましたでしょうか?
「状況によって違いますが、攻撃に出られるタイミングがあった時に適格に出ていければどうだったかなとは思います。ペナルティボックスだけではなく、ハーフライン当たりでも攻撃的な姿勢が必要だったのではないかと思っています」

Q:サイドに持っていって組み立てるときに、少し手数をかけすぎているかなという印象もありましたがいかがでしょうか?
「状況によってすべてが変わってくるので、”何かが”というのはここでは言えません。ただつないでいるだけなのか、クロスが上がるのか、その後のシーンがどういう状況なのか、そうしたことが分からなければ、ここでどうこういうことはできません」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック