【サッカー人気2位】浦議チャンネルのUGとは何者なのか? …

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【選手コメント J2第33節 福岡-琉球】「勝点3を取ってみんなで喜びを分かち合いたい」/山岸祐也/上島拓巳

2020明治安田生命J2リーグ 第33節
日時:2020年11月11日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,640人
結果:アビスパ福岡 3-1 FC琉球
得点:[福岡]山岸祐也(31分、73分)、上島拓巳(77分)、[琉球]田中恵太(90+3分)

◎山岸祐也選手(福岡);
Q:移籍後8試合目でゴールが生まれました。しかも2得点とチームの勝利にも大きく貢献したと思います。率直な今日の感想を聞かせてください。
「ゴールするのがちょっと遅くなってしまいましたけれども、しっかりとゴールを決められて、その結果でチームに貢献できたというのは良かったですね。でも一番は、今日、チームが勝てたことだと思うので、あと9試合、しっかりと戦いたいです」

Q:ゴールシーン以外でもいくつかチャンスがあったと思います。ちょっとタイミングが合わずにゴールにはなりませんでしたが、まだまだいけそうな感じがあるんではないですか?
「そうですね。チームメイトと息を合わせていきたいです。2点目は(遠野)大弥がいいパスをくれましたけれど、大弥にボールが入る前くらいから、大弥がターンするのは分かっていたので、動き出して、いいパスが来て、いいトラップができて、ゴールが決められたので、ああいうシーンをもっと増やしていければと思いますし、チャンスは今日もいっぱいあったので、そういうシーンを決められたら、もっとチームも楽になると思うので、個人としても狙っていきたいと思います」

Q:前節は、ちょっと消化不良のような負け方でしたが、それを払しょくする価値のある勝利だったと思います。
「前節は負けてしまいましたけれども、しっかりと全員が切り替えて今節を迎えられたというところと、その結果として勝点3が取れたところは非常に良かったと思います。次は山口との試合がすぐにあるので、その試合に向けて切り替えてやっていきたいと思います」

Q:2点目のシーンではトラップを思ったところに置けたのではないかと思いますが、1点目、2点目を振り返ってもらってもいいでしょうか?
「1点目はクロスが相手にあたって少しずれたというのがあったんですけれども、ユザ(湯澤)は1試合を通して自分のところを見ていてくれていたし、後半もいいクロスを上げてくれて、自分がふかしてしまったシーンがありましたが、本当にユザには感謝していますし、試合が終わった後にユザにも伝えました。その中で、1点目は相手の前に入って、ちょっと手に当たってしまいましたが、そのままプレーが流れて、シュートを決めたというところは、それが結果なので良かったなと思います。2点目は大弥に入るくらいの時にはターンするというのは分かっていたので、スペースを見つけて動き出したところ、大弥からいいパスが来たので、ファーストタッチで置いて、GKの股を狙って打ちました。それが入ってくれて良かったなと思っています」

Q:入団会見の時にJ1昇格のために移籍したとおっしゃっていました。そこへ一歩ずつ近づいていると思いますが、その想いについて、改めて聞かせていただけますか?
「その目標のためにこのチームに来たと思っていますし、あと9試合、どういうふうになるか分からないので、まずは1試合、1試合、目の前の試合を大事に、勝点3を狙って戦っていきたいと思います。特に、この後の3試合は簡単なゲームには絶対にならないと思うし、いろんな気持ちとか、いろんな声とか、いろんなものが入ってきた中での戦いになると思うので、そういう中でしっかりと、一つひとつ集中して入って、勝点3を取って、みんなで喜びを分かち合いたいと思います」

◎上島拓巳選手(福岡);
Q:監督はいつも通りとおっしゃっていましたが、今日は闘志あふれるというか、局面のバトルを11人が繰り広げていたという印象があります。どのように試合を振り返っていますか?
「立ち上がりから、自分たちは切り替えと球際の部分で圧倒して試合に入りました。ただ、前半の中盤辺りから、相手の思うようなプレーをさせてしまって、少し崩されたシーンとかあったんですけれども、上手くそれを耐えて、先制点を取れて、そこからは自分たちのペースで試合を進めることができましたし、球際であったり、セカンドボールのバトル、そういった一つひとつのプレーに気持ちを入れて戦った結果、今日の勝利につながったのかなと思います」

Q:途中までは前節の松本戦と似たような展開でしたが、そこで点を取られるか、取れるかというところで、松本戦の反省を活かした試合になったとも思います。
「本当に前半の半ばくらいは危ないシーンもありましたし、崩されたシーンもあったんですけれども、そこで耐えられたことが先制点にもつながりましたし、自分たちは0で抑えていたら勝てるチームだと思うので、先制点を奪われなかった、前節の反省を活かせたというところは、本当によかったかなと思います」

Q:その中で、勝負を決める3点目を上島選手が決めました。あのシーンを振り返っていただいてもいいですか?
「今まで試合に出させてもらっている中で、チャンスは本当にたくさんありましたし、今日も前半に自分のところでビッグチャンスがありました。なかなか決めきれずにモヤモヤとした部分が自分の中にはありまし、焦りということではありませんが、早く2点目が欲しいなと自分の中では思っていました。その中で、ニアに石津選手がいいボールを蹴ってくれて、相手よりも先に飛んで後ろにすらすというシンプルなことをした結果、自分の想像以上にいいコースに飛んでくれて、シーズン2点目を決めることができたのは、本当にほっとしています。残り9試合、大事な試合が続く中で、セットプレーでゴールを狙っていきたいと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック