【サッカー人気1位】ザーゴとは何だったのか? 鹿島が復活す…

「football fukuoka」中倉一志

【レポート J2第33節 福岡-琉球】溢れる闘志。みなぎるパワー。琉球との激戦も終わってみれば3-1。勝点3を積み重ねる

2020明治安田生命J2リーグ 第33節
日時:2020年11月11日(水)19:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/2,640人
結果:アビスパ福岡 3-1 FC琉球
得点:[福岡]山岸祐也(31分、73分)、上島拓巳(77分)、[琉球]田中恵太(90+3分)

アビスパ福岡は11日、ホーム・ベスト電器スタジアムてFC琉球と対戦。局面で激しくぶつかり合う一進一退の攻防を制したのはアビスパ福岡。31分、鮮やかな連携から山岸祐也が先制点を奪って主導権を握ったアビスパは、73分に遠野大弥からのスルーパスを受けた山岸が再び決めて2-0。その直後の77分には上島拓巳がCKから駄目押しの3点目。FC琉球の反撃をアディショナルタイムの1点に抑えて勝点3を手に入れた。アビスパは次節(11/15)、アウェイ・維新みらいふスタジアムでレノファ山口FCと対戦する。

(残り 1788文字/全文: 2160文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ