【サッカー人気2位】長谷川健太監督「(ディエゴは)自分で歩…

「football fukuoka」中倉一志

【無料記事】【記者会見 J2第35節 福岡-山形】「入りから相手ペースだった。自分たちの戦い方ではなかった」/長谷部茂利

2020明治安田生命J2リーグ 第35節
日時:2020年11月21日(土)14:03キックオフ
会場:ベスト電器スタジアム/4,590人
結果:アビスパ福岡 1-1 モンテディオ山形
得点:[山形]ヴィニシウス アラウージョ(12分)、[福岡]木戸皓貴(67分)

◎長谷部茂利監督(福岡);
Q:試合を振り返って
「試合の入りから相手ペースだったと思います。先にコーナーキックを取られたり、自陣で守る時間が最初に長かったので、いつもの自分たちの戦い方ではなかったし、ミスから失点しましたけれども、あの形も自分たちの形でもないし、そういう意味では、前半はあまり良くなかった、攻撃も滞っているというか、全然、上手くいきませんでした。ただ、後半の入りは前半よりも少し良かった、相手に対して攻めていく、取り返すんだという気持ちと戦術、技術も含め、後半は良かったかなと。そういう中で交代も含めて点数が取れ、その流れのままに、いい流れになったので、カウンターを何度か受けていましたけれども、点数を取るチャンスはあったと思います。そこで決めきれることができるチームが連勝できるチームだし、複数得点して勝ち続けるというか、強いチームだと思います。たった一つのミスが失点になってしまったという意味では、本人にはかわいそうですけれども、彼の活躍で何回も勝点を積み重ねているので、こういうことがあるのもサッカー、我々の仕事であるとも感じています」

Q:気にしすぎかもしれませんが、山口戦、そして今日と、前半の立ち上がりの部分で、とアビスパらしくない戦いが続いてしまったなと感じています。そこはやはり気になる部分でしょうか。それとも切り替えて次の試合にというところでしょうか?
「当然、気になっています。選手たちに、もっと自分たちのやれることをやっていこうと、試合が終わってから話をしました。その中のひとつが、いまおっしゃられたような、試合の入り、そこは改善しないといけないなと思っています」

Q:その反面、途中交代の選手が流れを持ってくるというところも、山口戦、今日と続いていて、そこは好材料かなという感じもあります。
「そうですね。途中で入る選手の気持ちだったり、想いだったり、そういうものが上手く試合で出せている、または感性というか、試合を見ながらウォーミングアップをして、ここで自分ならこうするんだということをイメージして入って来てくれていると思います。その辺が非常にいいのではないかと思っています」

Q:なかなかセカンドボールを拾えない時間帯が長くありましたが、どの辺に問題を感じていて、選手交代を含めて、どのような修正をされたのでしょうか?
「まず前半の飲水タイムもそうですし、ハーフタイムもそうですし、そこのところを修正しようとしたんですが、実際に良くなったのは、ハーフタイム挟んでからですね。コーチからのアドバイスをそのまま選手たちに伝えて、そこで良くなりました。自分たちの攻撃の時に、ボールをどのようにして運んでいくのか、それにプラスして、自分たちのポジショニングか当然関係してくるんですけれども、こういうことをやろうということでひとつ提示したことで、選手たちがやりやすくなったと思います。また、よくある形ですけれども、リードしている方が少し受け身になつてしまうという傾向があります。そういう意味では、0-1で我々が負けていて、山形さんはリードしていたので、山形さんの後半の入りは、前半ほど良くなかった、その辺のことも関係していたと思います」

Q:途中出場でゴールを決めた木戸選手の評価と、途中からFWに上がったという点についても伺ってもいいでしょうか?
「その通りだと思います。特に彼は攻撃面で違いを出せる、前節も非常いい動き出し、引き出し、きはいってすぐに流れを持ってきてくれました。今日も同じような活躍ができるという判断で試合にも出しましたし、やはりやってくれました。本人もチームの勝利という意味では、複数得点だったり、アシストというものを、もっとしたいと思っていると思うので、もう少し周りと絵を合わせて、得点という形を演出してもらいたいなと思います」

[中倉一志=取材・構成・写真]
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック